最近のトラックバック

Twitter

楽天

北海道ツーリング(観光編)

さて、北海道ツーリング観光編。実際のところ自転車乗るために北海道行っている部分がでかいので、ほとんど観光をしていない。。

 

その中でまともに観光地を巡ったのは、目的地でもあった余市のニッカ余市蒸留所。大学時代に1度着たきり、2度目になります。前回同じルートを走った時は朝早かったのでパスした記憶。ここは実は地元の広島と地味につながりがあったり、創業者の竹鶴正孝は高校の大先輩だったりするのですな。。

 

IMG_1551

 

駐輪場が見当たらなかったので、受付で尋ねたら構内の駐輪場に案内してもらえました。ここなら安心。ただし、自転車も車両なので「ドライバーシール」を渡され、試飲はNGと伝えられます。。試飲したい方はバスか汽車でどうぞ。内部はもう工場って雰囲気ではないですね。。ただ、もう少し時期が遅ければ仕込みをしてる風景に出会えたっポイです。やっぱり工場ですから、動いているのもみたいですねぇ。

IMG_1539   

 

IMG_1538   

ここを出るときに、職員さんに声かけられましたが、試飲できなくて残念と、、いやほんとに残念です。。工場限定のウィスキーは買いましたけどね。

 

あとは、正直風景だけ、

 

IMG_1532

 

石狩平野の朝日。

 

IMG_1535

 

小樽の運河。ここで荷物の整理してたらほかの観光客から声をかけられて「普通の観光客の行かないきれいな運河」って何処?と聞かれたんですが、地元民でも何でもない自分にはわからず。。というかそんなところあれば有名な観光地になっている気もします。。

 

IMG_1556

 

羊蹄山。なかなか頂上が見えません。。この後雨降られちゃいました。。

 

IMG_1559

 

洞爺湖。定番の場所からの風景です。。さすがに観光客も多いが話してる言葉が日本語でないので、東アジアのどこかの人たちでしょう。。

 

IMG_1561

 

昭和新山。通る気はなかったんだけど、Germinにナビまかせてたら無駄にさかのぼる道を選んでくれて付近を通過しました。。

 

IMG_1834

 

苫小牧の夕陽。時間つぶしてたらいい場所見つけました。

 

 

IMG_1842

 

支笏湖。恵庭岳がかっこよいです。。

 

今回より道した場所はこんなかんじ。

北海道ツーリング(ルート編)

3泊4日で強行軍的に行ってきたツーリング。今年はいつもより2・3日期間が短いこともあり、思い切った遠くへ行けない(礼文とか道東へ行きたい。。)ので悩んだ挙句、幌加内でそば食べるか余市のニッカ蒸留所に行くかに絞り、幌加内はタイミング的に「お店が全部しまっちゃう」&翌日店あくまで動けないということで余市へ行くことへ。

 

その先のルートはあんま考えてなかったものの結果的に何年か前に走ったルートとほぼ同様のルートになった。。違うのは留萌ー小樽間が海岸周りか内陸周り(こっちのが30キロくらい長い)かくらい。そん時は、5泊6日だった記憶があるので自分が長距離走れるようになった+荷物の最適化で朝早くから動けるようになったってのがでかいんだろうなーと。

 

 

 

1日目

 

留萌から新篠津の道の駅まで。美唄でヤキトリ食べるのが目的だった。。坂らしい坂は留萌ー碧水間の峠くらいで残りほぼ平坦。美唄-新篠津はGermin eTrexで最短ルートのルート検索させたら砂利道突っ込むは田んぼの中案内されるはと結構さんざんな目に。

 

新篠津の道の駅はキャンプ場・温泉併設だけど、パークゴルフ場のベンチで寝た。。

 

2日目(日本海 to 太平洋)

 

今回の旅のメインディッシュ。新篠津から日本海側に抜けて、余市から伊達へ抜けるルート。

 

石狩市近辺から小樽のあたりまでブルべ(たぶんBRM0830 北海道300km 札幌新パノラマ)の人たちと並走。このあたりで自分もパンク(金属片踏んだ。。)したが、ブルべ参加者も3~4人パンクしていた。。このルート、小樽に港があるからかトラックが多いので路肩に金属片のようなトラップが多いのかなぁと。

 

余市からさきはアップダウンのあるルート。特に倶知安からさきは景色もよくとてもオススメなルート。伊達から室蘭は元地元なので、自転車で走りやすい迂回路を。国道をまっすぐ進むと白鳥台の坂を上らないといけないので、自転車で走る人はこっちのルートオススメ。

 

3日目

 

室蘭から苫小牧。室蘭まで来てしまうと、千歳まで約100km。1日でついてしまう。。また飛行機は夜なので、あんまり進みすぎると時間が余るので、ゆっくり出発。途中白老でイベントみたり、苫小牧で遊んだり。

 

そういや今回も虎杖浜温泉はいらんかった。。この辺当然一番有名な温泉は登別温泉だけど、虎杖浜温泉は海のそばで国道36号沿いなので自転車でも行きやすく、料金も安いのです。。オススメはほくよう。露天ぶろまで裸でそこそこの距離歩く必要がありますが。

 

4日目

 

最終日。時間があるので支笏湖登ってきた。。ここ20km上り続けるルート。苫小牧側、千歳側どちらも自転車道が整備されてて走りやすい。ま、車道も交通量少ないので大差ないですが。。

 

千歳空港へも自転車で。ただ千歳側の入り口は立体交差で特に千歳方向からくると、自転車だと入りづらいです。

2014夏旅

さて、7月8月と大型案件が舞い込んできて、決まれば8月から大忙し、今年は北海道行くの無理かーと思ってたら案件自体は決まったものの動き出すのは9月からということでぎりぎり休み確保、金曜から3泊4日で北海道の予定。

 

パタパタしてる中で準備したんで、そんなに去年と荷物が変わっているわけではないけどもなんだかんだでまた荷物が減った模様。   
備忘録がてらさらしてみる。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            
自転車BIKE FRYDAY PocketRocket(6700,5600mix) 
フロントバッグREVELATE DESIGNS Pockets +          
EXPED WATERPROOF COMPRESSION BAG ULTRALIGHT (13L)
 
フレームバッグFAIRWEATHER frame bag +          
Blackburn BARRIER SMALL サドルバッグ
変更。         
容量増えた。
サドルバッグRevelate Designs Viscacha          
(もしかしたら別のにするかも)
入れる荷物がない。。
輪行袋輪行袋兼タープシルナイロン製変更。
テントヘリテイジ エマージェンシーソロシェルター +ポール 
寝袋finetrack ポリゴンシールド 1×1UL 変更。
マットKLYMIT イナーティア Xライト変更。
調理系器具なし。 
雨具mont-bell バーサライト ジャケット 
& パンツ 
&SealSkinz 防水ソックス
 
着替え1着分⁺アルファ泊数少ないので。。
タオル手ぬぐい x1(ただし頭に巻いている) 
携帯iPhone5s(Softbank) 
サイコンCATEYE VELO WIRELESS+ CC-VT210W変更。
GPSGarmin Etrex30         
(OpenStreetMAPベース自作日本語地図⁺自作カスタムPOI)
追加
バッテリーcheero Power Plus 2 10400mAh 
電子書籍リーダーkobo glo 
AC-USBアダプタ4ポートのやつ 
フロントライトUltraFire 502B XM-L U2+          
ラバー ライトマウントを分解したものを利用してフロントのキャリアダボに取り付け
 
リアライトトピーク ミニロケット iグロウ 
ヘッドライトDOPPELGANGER 2WAY LEDヘッドライト追加
工具パンク修理⁺アルファ用一式 
そのほかビタミン剤 
 粉洗剤 
 髭剃り 
 シャンプー 
 変え電池(単三x2、18650x1) 
 

 

 

書き出すといろいろ持ってくみたいだけど、まぁやっぱり野宿する荷物量ではないよね。調理系以外は全部入ってるし。

道具テストを兼ねて南信州

海の日三連休、先月の振り替え休日くっつけて実質5連休になったのであんまり行ったことのない東海地方に行こうかと。以前利尻であった、JR東海の職員さんが飯田線いいよーという話を聞いてたので飯田線沿線を走ってみた。塩尻か岡谷まででてそっから国道20号で自走で帰るプラン。

 

今回の道具テスト装備はこれ

 
       
  • Fairwatherのフレームバッグ      
    10212327_526539e530d8e[1]      
    http://bluelug.com/products/detail.php?product_id=19847      
    ほかのバッグ含めてこんな感じ。      
    IMG_1427[1] 
    マット、シェルター、ポールそのほか入り。ベルクロとボトルケージの穴が干渉するので、穴をあけてつけてある。ギアをインナーに落とすとチェーンとバッグが少し干渉するけどそこまで問題にはならない。
  •    
  • Garmin eTrex30 + OpenStreetMAP(日本語表示) + 自作POI(駅、道の駅、コンビニ、スーパー etc)      
          
    今回はほぼナビとして使用。自転車への搭載はミノウラのLWクランプ⁺KCNCのライトアダプター+純正のマウンタの組み合わせ。      
    IMG_1433[1]      
          
    純正だけだと、タイラップ止めで数台で使いまわすには1台ごとに用意するか、タイラップを用意しなおす必要があるけど、これならネジ止めなのでモンダイナシ。重いけどスペースマウントのほうにすればワンタッチで付け替え可能。あと、装着位置が前に出るので視認性もよくなるから結構オススメ。
 

という感じで、いつもの野宿装備を詰め込んで出発。新横浜まで自走、そこから豊橋まで新幹線で。

 

豊橋からは主に国道151号を行くのだが、、、eTrex30に途中にある道の駅グリーンポート宮嶋までルート案内させてたら、「最短距離」で案内してくれたらしく、新城から国道257->県道32->。。。のような2度ほど峠を越えるルート。これたぶん151号をまっすぐ走ったほうが楽だったんじゃなかろうか。。   
で、目的地の道の駅、いろいろ補給しようと思ったら立て直しだかなんかで取り壊し中。ほかにお店なんか見つかりませんが、通りがかったおっちゃんがふつーの民家の前に垂れ流しになってる湧水?を汲んでけつーので汲んでおいた。おいしい水でしたよ。   
仕方ないので次の道の駅めざします。次の道の駅は峠を越えた向こうがわ。この時点で約700mでGarminの高度マップ見る限りではせいぜい900mちょいくらいまでしか上がらない模様。(←罠だった。。)   
そこそこの坂道を地道に上り高度900m超えてもなんかなかなか峠を越える様子がない。。1000m越えてもなんか違うというところでeTrex30の高度表示の実績はともかくルートの表示は信用ならんのではないかという疑いが。。iPhoneでこの峠の情報を調べてみると1055mということで、うん、全然あてになんねと。まぁ1000m上ってればすぐ頂上なはずなので、少し登ってそこからは気持ちいい下り。次の道の駅までたどり着く。

 

ここではお店のおばちゃん、おっちゃんと立ち話。おばちゃんたこ焼き割引&焼き栗ただでくれた。ありがたい。こっから飯田まで40kmくらいなんで頑張れば日が落ちるくらいまでにはつきそうではあたのだけど、この次の道の駅下條で仮眠室があるのを見つけたので、ここで寝ることにして近くの温泉へ。仮眠室は畳が引いてあって快適だったのだけど、風がなくて熱がこもっててあんまりよく寝れなかった。

 

二日目は夕方あたりから天気崩れそう&明後日の天気悪そうなので諏訪あたりから輪行で帰ることを考えつつ、早めに出発。おかげで駒ケ根のソースかつ丼食い損ねる。   
辰野から岡谷に抜ける道、これもetrexの高度表示だと途中900mくらいの峠があるような表示。かなり身構えて走ってたのだけど峠なんてものはなく100mくらいだらだらと上っただけだった。どうもetrexの高度表示は目的地との直線間の高度を表示してるんじゃないか疑惑。そうだったらあんま使えないなぁ。。等高線で読み取るほうが確実かも。

 

岡谷まで出たらそのまま下諏訪へ。まだ昼だけど温泉入る。下諏訪温泉は入浴料が安いのでオススメ。お風呂出た後はひるごはんにそばを食べて(今回の旅で唯一のまともな飯だった。。)甲府を目指す。甲府までは大体70km。たぶん下り基調なのと、甲府まで出ると「かいじ」があるので輪行しやすいという読みがあったから。

 

で、ここから先は淡々と走るのだけどこれまで走ってきた国道151号や153号と比べ国道20号は交通量が多い。。しかも道はさほど広くないときてあまり楽しくない。甲府からさき、笹子トンネルとか走るのはものすごく気が重いのでやっぱり甲府から輪行することにする。   
甲府ではとりあえず温泉を検索して、お風呂入る。その見つけたお風呂がものすごい(いい意味で)骨董品だった。。最近あんなレトロな銭湯そうないよという銭湯でした。

 

甲府からは輪行で。さすがに甲府は始発なので輪行も楽。1時間ちょいで立川へ。ここから南武線のりついで帰ってきました。

 

 

 

とりあえずいろいろまとめ

 
       
  • eTrex便利。とくにPOI。準備は必要だけど、近くのコンビニやスーパーを見つけられるのはよいし、ルート案内もそこそこ正確。それだけだとスマホナビと対して優位点ないのだけど、屋外での画面の見やすさと電池の持ちが最大のアドバンテージ。半反射型液晶なので炎天下でもバックライトOFFで見やすく、消費電力も低いので丸2日使用して電池の使用量が1/3程度(エネループ使用)。
  •    
  • ただし、ルートの高度表示はあてにしてはダメ。現実との差分がすごい。。ただ高度表示自体はおおむね正確っぽい。特に校正はしていないが、ルートにところどころ出てた高度表示との差分は+10m以内の誤差。
  •    
  • フレームバッグはこれまで使ってたのより使い勝手は上。見た目も上。

eTrex30購入

GarminのGPS、eTrex30を購入。○○よねっとがぼったくってる日本語版ではなく英語版。基本自転車用だが、自転車用のEgde800とか810にしなかったのは以下の理由。

 
       
  • 電池の持ちがいい。Edge810が17時間に対し、25時間
  •    
  • 単三電池がつかえる。Edge810は内蔵の充電池
  •    
  • eTrexのほうが安定しているらしい
  •    
  • タッチパネル操作でないこと。冬でもグローブした手でまず間違いなく操作できる。
 

主に電力供給の乏しいキャンプツーリングをターゲットに考えると、電源の問題は大きいのでそのあたりが融通利くeTrexという選択。   
Edgeシリーズのほうがよいなーと思うのは

 
       
  • 小さい、軽い
  •    
  • マウント類が豊富
  •    
  • ANT+機器との連携機能。eTrexは心拍、速度だけ。
 

あたり。まぁ、サイコンと併用する前提なのであんまりEdgeシリーズである必要性がないのもあったのだけど。

 

 

 

また、英語版なので使い始めるためには準備がいる。   
以下はその忘備録

   

POIについてはKMLダウンロード->CSV変換->POI日本語化1->POI LOADER ->POI日本語化2という一覧の流れを半自動で行うスクリプトを作成中。   
うまくいけば数クリックでPOIが作れるようになると思ふ。

 

と、ものが届いた午前中にざっくり準備したので、久々に秋葉原まで自作PCの部品を買出しに午後は試しに出かけてみた。   
その中で気が付いたことを。

 
       
  • 液晶は半透過型液晶なだけに直射日光下でも見やすい。ただ陰になってるところやトンネルみたいなところにはいると明暗差で見えなくなる
  •    
  • OSMはおおむね使えるが、ナビの時に表示される通り名とかローマ字表記なので、パッと見てもいまいち理解できない。。
  •    
  • プロフィール設定でルート検索の設定を正しくすべし。最初設定の仕方わからず、首都高に案内された。
  •    
  • ルート検索は結構快適。ルート外れるとりるーとしてくれる
  •    
  • ルート検索するための目的地選択は最悪。「近くの」目的地を探すにはいいのだが、遠くの目的地を検索するのが難しい。OSM地図にもそれなりにランドマークが入っているらしいが、検索に引っかからない。。何かやり方間違ってるのかも。たぶんここが日本版に対する英語版のネックなんだと思う。
 

最後のルート検索しにくいのは、カスタムPOIを使う形でカバーするしかないのかなーと。それ以外はかなり満足してる。   
地図の視認性については、ymapjnx使ってYahoo地図を画像で入れるとよくなるかな?

 

あと、マウント周りが微妙に不満。ブラケットがタイラップ止めで使いまわしできないとことか、真ん中にバーに止めるのでエクステンションバーに取り付けた場合ステムと干渉して少し前下がりになっちゃうとことか。   
この辺はEdgeシリーズのがよいでござると思いつつ、なんか改善策を考えてみるつもり。

MIIX2 8のGPSが動いたよ

去年の年末に買ったMIIX2 8。コンパクトで便利に使ってるのだけど、1つだけ問題があった。それはGPSがまともに動かないということ。2chに限らず、海外の掲示板とかあちこちでうごかねーという話が聞こえ、やれAcer W4-820のドライバ入れろとか、地図表示して30分待てとか情報が錯綜してる状態。

 

その中でのらぬこさんのブツは何をやっても反応しない。。。

 

http://ascii.jp/elem/000/000/865/865751/

 

のページで紹介されている「センサー診断ツール」(sensordiagnostictool.exe)を使ってみるといつまでたってもInitalizingのままで、No Dataかつ「パイプを閉じています」。しばらく放置しても変わらない。。ただこのページに一つ大きな情報があり、なんか別のアプリが占有してるとこういう状態になるらしい、というモノ。なので必要なさげなのを片っ端からアンインストールしたけどもやっぱりダメ。

 

もうだめかと思いつつ、センサー診断ツールの結果をググってると

 

http://en.community.dell.com/support-forums/mobile-devices/f/4586/t/19514800.aspx

 

こういう情報が。。。

 

どうもレジストリ周りが怪しいっぽい。。。

 

とりあえずこの情報の通りエントリを追加したものの何も変わらない。しかし、ドライバはいってるにもかかわらず

 
   

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Broadcom\Location

 

のキーがないので何かおかしい。。ここでアッと思いだしたのがAcerのGPSドライバの中に似たようなレジストリの登録エントリファイルがあったこと。上記のサイトで紹介されているものと同名の「LogOn.reg」と「NetworkIoOn.reg」の2つもある。中のぞいてみると。

 
       
          
    • LogOn.reg       
      [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\RadioManagement\Misc\BcmGnssRadioManager\Location\HAL]         
      ”LogEnabled”=dword:1
    •       
    • NetworkIoOn.reg       
      [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\RadioManagement\Misc\BcmGnssRadioManager\Location\HAL]         
      ”NetworkIoEnableMask=”dword:FFFFFFFF”
    •    
 

になってて、エントリは同じだけども登録する場所が違っている。   
なので、これは怪しいということでまずドライバをアンインストール。レジストリも関係ありそうなものを全部削除(gnssで検索した)して再起動。    
ASUSのVivoTab noteのドライバをインストール。(たぶん一番新しい)。    
そのあと、上記2つをレジストリに登録。また、この2つはAcerドライバの「test」フォルダにあったファイルなのだけど、その一つ上GPSフォルダにあったcp210x.regも登録してみた。(関係ないかもしれないけど).

 
       
          
    • cp210x.reg       
      [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\RadioManagement\Misc\BcmGnssRadioManager\Location\HAL]         
      ”PortName=”auto:cp210x”         
    •    
 

そのうえで再起動して、「センサー診断ツール」を起動すると、、、やっぱり黄色(Initalizing)だけど、たまに緑になる。電波のつかみが悪いのか?ということで窓際においてみる。

 

pic1

 

readyになった!!データも流れているポイ。ヨシヨシということでモダンアプリのGPS動作テスターを起動。すぐに補足した!。しかも良好に稼働中だとのこと。マップアプリでも正しい場所が表示されている。

 

pic2

   

2chなんかでは電波つかむのに時間かかるみたいな情報があるけども、窓 側とか電波が届きやすいところなら数分で表示される。結構快適な動作。   
ただ惜しむらくはやっぱり電波のつかみが弱いこと。iPhoneなら問題ないところでもInitalizingになっちゃうから。。これレジストリかなんかで閾値設定できるのかな。。

 

あとはもう少し安定稼働するか実験してみよう。。

自転車ケミカル考(チェーンオイル)

自転車にか欠かせないオイルや、グリス、はたまたメンテナンス用のディグリーザーなどこれまで使ってきたものを整理してみる。評価は独断と偏見だけど、基本的にめんどくさがりなので、潤滑性能より「飛び散りにくさ」「汚れにくさ」「もちの良さ」あたりを重視。特に飛び散るのは好きじゃない。。 

△ワコーズ ラスペネ

 

確か、大学の時にMTB買ったときに一番最初に使ってたチェーンオイル。耐久性がなくて、特に雪の時はすぐチェーンが錆びちゃうのでリピートそれ以降リピートしていない。水置換性があるので、チェーンオイルとして使うより洗車後にさび止めとして使うとか、ディレイらーのリンク部分とかに使うのがよいのかも。

 

○ワコーズ メンテルーブ

 

たぶんチェーンオイルとしては定番品の一つ。もちの長さや潤滑性には悪い印象はないので、まず間違いのない選択だと思う。ただ真っ黒にはなるのできれい好きにはお勧めしかねる。また、ラスぺネにも共通するがノズルが折り畳み式でなくすことがないのがポイント高い。差し込み式のやつは気を抜くとすぐなくしちゃうので。

 

◎Boeshield T-9

 

ボーイングが開発したとかいうセミドライルブ。どうもカヤック業界でも有名らしい。結構お気に入りの製品だったのだけど日本の代理店が現在は廃業してしまい、手に入りにくくなってしまった。。持ち、潤滑性ともにそこそこで、かつ汚れにくいというかなり万能な製品だった。。

 

△(ココ一発の用途なら○)FINISH LINEセラミック ウエット ルーブ

 

フィニッシュラインの金色。潤滑性能はとてもよかったが、汚れやすく、飛び散りやすいのでリピートはなし。きちんと拭き取れば飛び散りにくいらしいけど。ただ汚れはするものの、固着しないので拭き取ればきれいになる。豆に手入れできる人にはお勧めかもしれない。

 

△(用途によってはたぶん◎)FINISH LINEクロスカントリーウェットルーブ

 

フィニッシュラインの緑。フィニッシュラインのオイルの中で一番悪条件に強いやつ。毎年の北海道ツーリングでその雨天性能ともちの良さに期待して現地調達したオイルの一つ。こいつは今までに使ったオイルの中で一番粘度が高い。ほかのはほとんど「水」くらいなモンだが、こいつは緩めの蜂蜜くらいの粘度がある。ただ、真っ黒になるし、耐久性がよすぎてきれいにしにくいので数回使っただけで放置。。たぶんマッチする条件に合うシュチエーションだとよいのだと思う。。

 

 

◎ナスカルブ

 

たしかロングライダースでおすすめされてたので使ってみたおいる。たぶん、価格とか度外視すれば一番のおすすめ。持ち、潤滑性能、汚れにくさともによい。ただちょっと高いので今はAZのオイルに浮気中。同じシリーズでグリスもあるのでこいつの性能も気になる。。

 

×AZ チェーンルブ マルチパーパス

 

ケミカル業界の縁の下の力持ち?AZが自転車用に出したオイル。安いのと興味でとりあえず無難なこれを選んでみたが、これは失敗。FINISH LINEセラミック ウエット ルーブと似たような傾向で、飛び散るしすぐ汚れる。しかもFINISH LINEと違って吹いてもきれいにならないし、あまりオイルが持つ感じもない。。オイルが切れるまでは潤滑性能は悪くないのだけど。。

 

(保留)AZ チェーンルブ クリーン

 

現在利用中のオイル。マルチパーパスがあまりに汚れるし飛び散るので、代わりに買ってみた。AZのオイルは安いので結構気軽に購入できるところがよい。まだどれくらい持つかは検証中だけど、汚れない!これだけでリピートしてもよいかもしれないと思っている。潤滑性能はウェット系のオイルに比べると劣るというかチャリチャリ音が大きい。一度塗った後、少し走って再度塗布しろと説明にあるから何度か塗り重ねる必要があるのかも。

自転車通勤の憂鬱

雨が降らなければ自転車通勤しているのだが、そのルートのうち何か所か自動車の横暴な振る舞いで非常に危険な状況となっている箇所がある。もう毎朝のことなので慣れた部分があるものの、危険であることには変わりないので、こんなところで晒しても改善されないと思いつつさらしてみる。

 

まず1か所目。新川崎駅地区の道の自転車レーン。この自転車レーン数年前に道を拡張した際に作られたもので、できた当初は交差点部分の処理を除けばそこそこまともなものができたと思ってた。。ところが1~2年たつとそこは路上駐車天国に様変わり。。これがとある日の自転車レーン。。。ほとんどが土建業者系のトラック。たぶん現場へ行く前の時間調整とか待ち合わせに使ってるのだと思う。

 

IMG_1398[1]

 

自転車レーンがあるとはいえ、幅のあるトラックなので、まぁ道路の半分占有してる。さすがに両側同時に駐車してることはほとんどないのだけど、互い違いになってることはあり実質1車線状態。対抗の車が来ると結構怖い。結局自転車レーンでは、車の路駐を防げないので縁石も受けるとか物理的な分離も必要と思う次第。

 

2か所目。ここも新川崎駅近くの裏道。

 

IMG_1390[1]

 

ここは上記の場所に輪をかけてひどい場所。自転車レーンさえなく、よくダンプが連なって止まっている結果こんな状態。これで対抗の車が時々来るのだから、まぁ心臓によろしくないです。ひどいときにはこの写真の場所が90°位のカーブになってるんだけどもそこからずっとダンプが縦列駐車してて、カーブの先が見通せない状態に。対抗の車来てたら絶対事故る。正直ダンプの運ちゃん何考えてんだ、警察取り締まれよ。。と思う場所。ただ路上駐車禁止の表示機は記憶にないのでOKなのかもしれないが。。

 

3か所目。これはもう特定のこの車がクズという事例。

 

IMG_1395[1]

 

ここはかなりの変則5差路。近くに小学、中学、高校もあるもんだから見ての通り自転車も歩行者も多い。それでその交差点のど真ん中に路駐。のらぬこさん的にはこの写真の位置から左奥の高架の下へ抜けたいのだけど、ここに車があるせいで左の橋から進んでくる人や車がブロックされて見えなくなってしまう。。ただでさえ、歩行者自転車ともルールもくそもなく、道路も変則で誰がどこに進むかわからない状態なので気を使うのにさらに難易度を上げてくださる車。

 

この車たぶんこの左側にある小学校へ毎朝なんか納入してる業者の自動車だと思うのだけど。。。というか交差点内は駐停車禁止だろう。。そういや今日帰るときに佐川急便のトラックもここ止めてたな。。

 

 

 

もう数年同じような状態なので、改善の見込みもなさそうなのだけど、、どうにかならないもんだろうか。。警察もたまに通っているみたいだけどまともに注意してないみたいだし。

2014 GW 野宿ツーリング装備ロード版

2014年のゴールデンウィーク、カレンダーの日付が悪くしかも仕事が詰まってて有給取れないという何それ状態。。。というわけで前半戦は基本遠出はせず。後半戦に1泊二日の野宿ツーリングへ行ってきました。目的地は群馬。

 

ここんとこ継続してるダイエットの反動として桐生のはっちゃんショップなる500円バイキングへ行くこと、今年の野宿装備の運用確認が主な目的。   
しかし、はっちゃんショップは11日までお休みということでだめだったんですが。。

 

↓が今回の装備。野宿装備と雨具、輪行グッズ、工具類が入ってます。1泊2日なので自炊キットは持ってってません。着替えとかはリュックサックの中。   
IMG_1381[1]

 

フロントバッグはREVELATE DESINGSのPocket。このフロントポーチ部分にシェルターのポールとfinetrackのポリンゴンシールド、モンベルのバーサライトジャケットが入ってます。ハーネス部分には何もはさんでなのでまだ荷物を積むことは可能。

 

リアのバッグはオルトリーブのサドルバッグ。確かSサイズ。ここにはマット、シェルター、タープ兼輪行袋、輪行用ストラップ、エンド金具を収納。   
BB下につけたツール缶には工具、箸、スプーン、ペグ、張り綱、マルチツールあたりが入ってます。トップチューブはプロファイルデザインのAERO E-PACK。ここに鍵とクリートカバー、補給食。

 

パッと見キャンプツーリングしてるようには見えないですね。。これは。普通の日帰りツーリングとかでもこれくらい荷物ある人いますから。。

 

で、今回の一番の目的がタープ兼用輪行袋をタープとして使ってみること、ポリゴンシールドの使いごごちです。

 

某所河川敷でタープ+シェルターで設営してみたのがこれ。

 

IMG_1385[1]

 

うん。タープとしては普通に使える。結構風があったにも関わらずそんなに不安感なかったし。ただ張り綱が足らなかった。。センターポール用とは別にもう2本用意しとく必要がある。あとペグも。   
風があったのもあるけど結露もなし。雨は降らなかったので防水性もよくわからない。ただここ橋の下のなので関係ないですが。

 

ポリゴンシールドのほうはまぁ小さくてつくりもよいのですが、何分5月頭では少し寒い。。というか風邪ひいた。   
ポリゴンシールドの対応温度は13度~で、明け方の気温がそれくらい。服装がどっちかというと夏用ウェア+アームカバー⁺レッグカバー+ジャケットだったので服のほうの防寒性が0に近いていうのも理由かもしれない。    
とはいえ、夏ならこれ単体でも十分かと。ポリンゴンシールドだと外側が防水加工されてるしバグネットついてるしで単体での野宿も可能なので。寒い季節はほかのもの使うかレイヤリングを考えたほうがいい。

   

あと今回投入のAERO E-PACK、ダンシングしてもあまり気にならない。膝にすることはするんですがその気になり具合が我慢できるれべる。それでいて容量はあるので結構オススメ。   

 

さて、次はポケットロケットでのフル装備版を試してみるか

ダイエットネタ2

ダイエット2ヶ月目、スタートから6Kg強減りました。今月からダイエットに強力なアイテムを追加。

タニタの体組織計です。ポイントは50g単位で測れること。今まで使ってたのは大学時代にかった安物の200g単位のもの。コレの何が辛いって体重が停滞していると増えてんのか減ってんのか全くもってわからず、モチベーションが無くなってしまうのです。。

前回は実は目標が30kg減だったところ、1~2ヶ月停滞して増減がわからず、1ヶ月の出張等挟んでしまって完璧にダイエット習慣が抜けてしまったことでダイエット止まってしまい。。と。

やっぱり増えてんでも減ってんでも変化が目に見えればそれなりにモチベーションが維持できます。あと、体脂肪率と筋肉量、基礎代謝を測定できるのは良いです。三分の1くらいはトレーニングと言う意識があるので体重落として筋肉量も落ちちゃうと意味ないので。現状筋肉量は維持できている模様。

不満なのは記録の管理かなぁ。。いまこのへんの記録をExcelで管理しているのですが、測ったあと一定時間で結果が消えてしまうので測定後すぐに入力しなきゃいけない。測るときは薄着or裸なので、ひどいカッコでパソコンに向かうことになります。。冬は寒くてたまらなそう。

ついでにやっぱり入力は面倒なのでBluetoothかなんかでPCにデータ飛ばせると良いなぁと思いますです。

輪行袋兼用タープ

自転車で旅をする時の必需品「輪行袋
行きも帰りも、自走だって場合でもまぁ万が一に備えて持っておきたいものの一つです。

ただこいつ、自転車に乗っているときは単なる荷物なんですよね。なので以前紹介したように、できるだけ荷物にならないコンパクトな輪行袋を選ぶ、という方向性なわけです。

ところが、以前輪行袋について調べてたとき、過去にモンベルから「リンコウシート」というタープ兼用の輪行袋を発売していたらしい、という情報があったんです。

のらぬこさんの旅はウルトラライトな快速野宿ツーリングなので、こういう1つ二役な道具はとてもありがたい。夏なら輪行シート+マット+寝袋で泊まりがけツーリングできるじゃないかと。
しかも輪行袋って電車乗るときにしか使わないし、タープ貼ってる時に電車にのることはまずないので、雨具+タープのように「雨が降ってる時にタープとして使っちゃうと雨具として使えない」ということがない。
これいいじゃん、と思ったもののかなり前に廃盤(多分2005年くらい?)になっちゃってるし、重さも460gくらいあったらしく、ことさら軽いわけじゃない、、と。

その時はないものは仕方ないと半分忘れてたんですが、うちの弟がシルナイロンで羽織を作ってとても軽い、次はタープでも作るかいうので、タープ兼用の輪行袋ってできんかねみたいな話をしたら、去年の暮に実家に帰った時に作って持ってきたんですわ。
(こっちからは24Lのキャラダイスサドルバッグをあげましたが。。)

その後なんだかんだとパタパタしてて使う機会がなかったのでほったらかしにしてたんですが、今週末は三連休なもんでどこか行こうと思ってるので、一度試してみようかと。
(ホントはしまなみ縦走2014あるので実家に帰りたいがスケジュール的に厳しい。。)

で、やっとこ本題。
その輪行袋兼用タープです。
Img_1370
重さ221g。タープとしてみても、輪行袋としてみても軽いです。
とは言え、追加でポールとかロープとか、必要なのでタープ&輪行袋としてきちんと使うには400gくらいにはなりそうですが。タープとしてのサイズは150cm✕250cmくらい。こっちの使い勝手はまた別途試してみることにする。
今回は輪行袋として使えんのか、を検証。







Img_1369
さくっと包んでみました。
前後輪双方取り外し、縦型(オーストリッチのリアエンド金具付き)でほぼピッタリ収まりました。ヨコ型で包もうとすると幅が少し足りない。包む方向を変えれば何とかなりそうな気もするが微妙なところ。
上部は結構布が余ったので、角同士を縛って固定。問題は横で隙間を閉じられない。。タープとして使うときようのループが長辺に3つついてるのだが、こいう形にすると折り曲げた下側と上の端2箇所に集まっちゃうので、横で止める何かがない。仕方ないのでタープとして使うときに必要となるロープで左右を縛ってみた。これは意外と良さそう。
うんこんなかんじでいいんじゃないかな。
あとは運ぶようのストラップをつけてやればそれなりに使えそう。

問題はJRとかの規則の「専用の袋」とみなしてくれるか、だね。まぁゴミ袋やブルーシートではないし、なにか飛び出してるということもないので、問題無いとは思いますが。。
とりあえず今週末試してみよう。(天気良ければ。。。)

MIIX2 8のGPS

年末に購入したMIIX2 8ですが、まぁそれなりに使用してます。ただ、こいつGPSを搭載しているんですが、全く反応してくれない。。

GPS Satellite使ってWiFi止めると、1時間くらい待っても測位されないわけで。
イベントビューワ見てると、起動時に

デバイス HID\INV6050\4&418b572&0&0000 のドライバー \Driver\WudfRd を読み込めませんでした。
  デバイス Sensors\BcmGNSSLocationSensor_LNV_4752_0A00\4&2b163c92&0&22 のドライバー \Driver\WUDFRd を読み込めませんでした。
  デバイス SWD\WPDBUSENUM\_??_SD#DISK&Generic&00000&1.0#4&4d734a1&0&76f648c8#{53f56307-b6bf-11d0-94f2-00a0c91efb8b} のドライバー \Driver\WudfRd を読み込めませんでした。

こんなエラーが。。。
こいつに関してはユーザモードドライバ関連のサービスが関係しているようで、

「ドライバー \Driver\WUDFRd を読み込めませんでした。」が発生したら・・・ 

を参考にサービス修正してみても変わらず。サービス止めるとGPSが認識されなくなるので、きちんと動いているのかもしれない。

またglgps_mainというサービスからエラーが出てる。こいつはGPS使うアプリを起動していると出てるみたいなので、コッチが問題なのかも。ただこいつの情報がほとんど引っかかりません。。

ドライバに関しては

をとっかえひっかえ、リカバリ試してもダメということでもう諦めかけ。。
そしたらLenovoのサイトでこんな記載が。

GNSS (GPS) の案内 - Lenovo Miix 2 8

うーん、やっぱり場所を選ばないとダメなのかしらん。。

Sencha(Ext JS4) 2

前回 の続き。
前回は環境整えるところと、アプリの雛形っぽいものを作るところまでやったので、そのアプリをいじって見るところから。
getting_startedの続きをやってきます。

  1. 前回のsenchaコマンドで生成したディレクトリを確認します。
    /var/www/sencha
    drwxr-xr-x  4 root     root     4.0K  2月 26 09:29 .sencha
    -rw-r--r--  1 root     root     1.3K  2月 26 09:29 Readme.md
    drwxr-xr-x  6 root     root     4.0K  2月 26 09:29 app
    -rw-r--r--  1 root     root      302  2月 26 09:29 app.js
    -rw-r--r--  1 root     root      100  2月 26 09:29 app.json
    -rw-r--r--  1 root     root      291  2月 26 09:29 bootstrap.css
    -rw-r--r--  1 root     root      49K  2月 26 09:29 bootstrap.js
    -rw-r--r--  1 root     root      283  2月 26 09:29 bootstrap.json
    drwxr-xr-x  3 root     root     4.0K  2月 26 09:29 build
    -rw-r--r--  1 root     root     1.5K  2月 26 09:29 build.xml
    drwxr-xr-x  7 root     root     4.0K  2月 26 09:29 ext
    -rw-r--r--  1 root     root      422  2月 26 09:29 index.html
    drwxr-xr-x  2 root     root     4.0K  2月 26 09:29 overrides
    drwxr-xr-x  2 root     root     4.0K  2月 26 09:29 packages
    drwxr-xr-x  2 root     root     4.0K  2月 26 09:29 resources
    drwxr-xr-x  6 root     root     4.0K  2月 26 09:29 sass
      色々出来てますが、とりあえずはindex.html、app.js、appディレクトリをいじる形になるみたい
      そのappディレクトリ
    /var/www/sencha/app
    -rw-r--r--  1 root root  265  2月 26 09:29 Application.js
    -rw-r--r--  1 root root  182  2月 26 09:29 Readme.md
    drwxr-xr-x  2 root root 4.0K  2月 26 09:29 controller
    drwxr-xr-x  2 root root 4.0K  2月 26 09:29 model
    drwxr-xr-x  2 root root 4.0K  2月 26 09:29 store
    drwxr-xr-x  2 root root 4.0K  2月 26 09:29 view
     Application.jsというコアになるファイルと、MVCモデルのディレクトリ、storeディレクトリがあります。どうやらMVCモデルに対応してるらしい。サンプルのディレクトリ除く限りでは必ずしもMVCモデルにしなければならないわけではなさそうですが。
  2. Application.jsを編集します。
    デフォルトではこんな中身ですが、
    Ext.define('Myapp.Application', {
        name: 'Myapp',

        extend: 'Ext.app.Application',

        views: [
            // TODO: add views here
        ],

        controllers: [
            // TODO: add controllers here
        ],

        stores: [
            // TODO: add stores here
        ]
    });
    一度すべて削除して↓の内容に書き換えます。
    Ext.define('MyApp.Application', {
        name: 'MyApp',
        extend: 'Ext.app.Application',
        launch: function() {
            Ext.create('Ext.container.Viewport', {
                layout: 'fit',
                items: [
                    {
                        title: 'Hello Ext',
                        html : 'Hello! Welcome to Ext JS.'
                    }
                ]
            });
        }
    });
    launchが読み込まれた時に動作する関数を定義する箇所の模様。
  3. ブラウザでアクセスし直すと、↓の画面に変わります。
    Sencha2

とりあえずドキュメントの取っ掛かりをやってみましたが、全然わからん。。なんとなーく単体のアプリっぽいものの作り方は見えてきた気がしますが、デスクトップアプリみたいなんになるとまだ検討も付きません。。

Sencha(Ext JS4) 1

仕事でSenchaを使いそうなので勉強しろとのことなので、Senchaを初めてみる。
目標はこんなWebDesktop。
ま、sample持ってくればそれなりのが動いちゃいそうな気がしますが、とりあえず基本からおさえようかと。

というわけでGetting Startedにあるサンプルを作ってみます。

環境はサーバ側はubuntu12.04、apache2、クライアントのブラウザはChromeかFirefox+Firebugでいきます。
apacheは/var/www/がDocumentRootになってます。
またSehcha(ExtJS)のバージョンは4.2.1です。

  1. Ext JS4SDKをダウンロードしてきます。
  2. 適当なところに展開します。zipファイルなので、unzipをaptあたりでインストールしときます。
    今回は/var/www/extjsに展開しときました。
  3. Sencha Cmdをダウンロード
  4. 適当なところに展開します。「SenchaCmd-4.0.2.67-linux.run」なんてファイルが展開されるので、実行権限をつけます。
  5. SenchaCmd-4.0.2.67-linux.runを実行します。ライセンス条項の表示があって、インストール先のパスを聞かれますので、適当に入力します。今回は/usr/local/にしました。
  6. /usr/local/Sencha/Cmd/4.0.2.67/にパスを通しておきます。
  7. senchaコマンドを実行してみます。バージョンとかオプションとか表示されます。
  8. senchaコマンドを実行してアプリを生成します。
    sencha -sdk /var/www/extjs generate app Myapp /var/www/sencha/
    ※-sdkの引数にはExt JS4 SDKを配置したパス
    ※Myappは任意のアプリケーション名
    ※/var/www/sencha/はアプリの生成先ディレクトリ
  9. 8でDocumentRoot直下に生成したので、http://hostname/sencha/でアクセスします。
    ↓こんな画面が表示されます
    Sencha1
  10. ちなみに本体を/var/www/extjsにおいたのでhttp://hostname/extjsにアクセスすると、サンプルとかドキュメントとか見えるっぽいです。

とりあえずここまで。

ダイエットと自転車

ここ1ヶ月ほどダイエットしてます。。

 

というのも、うちの会社の健康診断があったから。そしたらまぁ、一番体重減らした時から+8kg。いやー、ズボンのベルトがきつくなるわけだ。。

 

で、ダイエットの方法ですがもうシンプルに食事制限です。1~2食をプロテイン+低脂肪乳に置き換え、それ以外もできるだけ低カロリーのものにして、1日1500kcal以下に抑えましょうと。

 

前回94kgから約30kg落とした時と同じ。大体初めてから30日ですが4kg落ちますた。。

 

運動の方はまぁタイトル通り自転車なんですが、正直なところこっちはいつもと変わらない。往復約12kmの自転車通勤と休日20km~程度のっているくらい。

 

正直な話、自転車「だけ」で痩せることなんてできません。

 

なぜかというと運動全般消費カロリーが少なすぎる。自転車1時間のっても精々400kcalくらいしか消費しない。これくらいだと菓子パン1つおやつで食べちゃうと帳消しです。

 

何が言いたいかちゅーと、まぁ食生活の改善をしないダイエットは成功しませんよと。と言うか運動で痩せようと思っちゃダメ。

 

食生活の見直しで消費カロリー>=摂取カロリーにした上で、運動は筋肉が脂肪と一緒に落ちてしまうのを防ぐ&消費カロリーの上乗せ、という形に持ってこないと。

 

ついでに言うと運動での消費カロリーって、基本的に体重に比例するので痩せてくるとだんだん消費カロリーも減っちゃいます。。

 

つまり運動だけで痩せようとすると、最初は消費カロリー>摂取カロリーになって痩せることができてもいつか「消費カロリー=摂取カロリー」になっちゃう。そしたらもう食事を減らすか、運動量増やすしかない。

 

まぁ1日数時間、毎日自転車乗れるならいいのだろうけど、普通のサラリーマンじゃそうも行かないですはい。

 

一番やっちゃダメなのは「今日は運動したから○○食べてもいいよねー」みたいなのやっちゃうこと。と言うか自分はこれで太った。。先にも書きましたが正直運動での消費カロリーは思った以上に少ないのです。。

 

ただ、ダイエットサポートとしての運動ツールとしてみた自転車は優秀ですよ。

 
       
  • ジョギングみたいにしんどくない
  •    
  • ウォーキングより速度が出るのでせっかち向き
  •    
  • 水泳やジムみたいに「どこか」の施設に行く必要もない
  •    
  • 移動手段なので通勤、買い物等普段の生活に組み込みやすい
  •    
  • 膝に優しいのでデブでも大丈夫
  •    
  • なんだかんだで消費カロリーの効率も悪くない
  •    
  • 一人でもできる
 

と、多分普段運動しない人には向いているかと。上の特に最初の4項目は自分が自転車に乗る理由の大きなものだったりします。。。

 

欠点はそれなりにお金がかかるのと、道路の環境整備が遅れていること、あたりでしょうかね。

«タイラップチェーン

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ