最近のトラックバック

Twitter

楽天

トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

ライト取り付けホルダー

FENIX L2D CEを自転車用のライトとして使うためのホルダーについてまとめてみる。

Nite Ize Lite Ride
Large_lite_ride
付け外しがめんどくさいことを除けば、固定力は十分で使いやすい。
でもすぐ破れる。

RV M-BC 自転車用 LEDライト バイククリップ ブラケット

M_bc_02写真でみたのより でかい。
そしてL2D CEの直径が細すぎて装着するのに2枚もスペーサーがいる。
ライトの取り付け取り外しはやりやすい。

少し期待はずれな一品。





上記2つが微妙だったので、以下のホルダを試すために注文中。

2/29 ブログとやらを初めてみる

4年に1回しかない日。
仕事上調べたりして、得られた情報をメモ書きするため、blogを書くことにしました。

ruby/ActiveLDAPでADに接続する

ActiveLDAPでWindowsのActiveDirctoryに接続して、
情報を取ってくる方法

require 'activeldap'

class User < ActiveLDAP::Base

#ADへの接続
##:base:操作するbase DN
##:host:DCのIPアドレス
##port:LDAPのポート
##:bind_format:ADに接続するユーザのDN
##:password:上記ユーザのパスワード
##
:allow_anonymous:匿名アクセスが可能かどうか
       connect(
                :base => 'ou=user,dc=example.dc=co,dc=jp',
 
                :host => '192.168.0.1',
 
                :port => 389,
                :bind_format =>
       'CN=adminname,OU=DomainAdmins,OU=Super Users,DC=example,DC=co,DC=jp',
 
                :password => 'password', 
                :allow_anonymous => false) 
end

#オブジェクトの検索。:filterで検索条件を指定する
user=User.search(
:filter => "sAMAccountname=username")
 

#結果の表示。"displayName"を別のオブジェクトプロパティに変えれば、他の情報も表示できる
puts user[0]["displayName"].to_s                                             

#接続の切断
ActiveLDAP::Base.close

 

基本的は、これで検索まではできるはず。
情報の更新はまだ試してない。

VisioでER図

システムを管理するDBを作成するのに、VisioでER図を作成。

Visioを起動して、テンプレートのデータベースモデル図を選択することで作成できる。
基本的な流れは

エンティティ作る→エンティティ同士をリレーションで結ぶ

デフォルトだと、リレーションの対応(1対1なのか1対多なのか)や
エンティティの概念名と物理名が図に表れないので、
「データベース→オプション→図面」で見せ方を設定するとわかりやすい。

テスト

テスト投稿

トップページ | 2008年3月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ