最近のトラックバック

Twitter

楽天

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

svnのコマンドメモ

バージョン管理ツールであるSubversionをLinuxのコマンドラインで使うためのメモ

  • チェックアウト
    • svn co http://example.co.jp/svn/SampleProject/
  • チェックイン
    • svn ci SampleProject/
  • ファイルの追加
    • svn add SampleProject/

postgresql のバックアップ/リストア

Postgresql上のDBをすべてダンプ(バックアップ)する方法

#su - postgres
#pg_dumpall -p 5432 -o -c > 5432.out

バックアップしたデータをリストア

# su - postgres
# psql -p 5432 -e template1 < 5432.out

エイプリルフール (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ エイプリルフール
「今日はエイプリルフール、エイプリルフールならではの面白いサイトを見つけたら教えてください!」
↓ここ。1回アクセスしただけじゃよくわかりませんが、何度かアクセスしてみると…
http://firefox.jp/
 
ウソか本物かわかりにくいのも(おそらく本物)
http://www.asahi.com/culture/update/0401/TKY200804010178.html
 
 

acts_as_paranoid

rails上でレコードを削除する際に、DBから物理的に削除してしまうのではなく、
削除フラグをつけて見えないようにするプラグイン。

○使い方
インストール

ruby script/plugin install acts_as_paranoid

DBの設定

deleted_atカラムをdatetimeで作成

モデルに記述

def class Test < ActiveRecord::Base
        acts_as_paranoid
end

以上で、「削除」したとき見た目は普通の削除と同じように削除されるけども、
DB上には"deleted_at"カラムに削除日時が記述されたままで残っている状態になる。

また、削除したものを取得・表示したい場合には下記の様に、オプションをfindするときに指定すればよい。

@test = Test.find(:all,:with_deleted => true)

一応、このプラグインはActiveScaffoldでも使える。

参考:http://ar-paranoid.rubyforge.org/

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ