最近のトラックバック

Twitter

楽天

« 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(地図編) | トップページ | 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(雨具編) »

夏休み自転車キャンプツーリングの準備(電子機器編)

ポチポチ進めてる夏休みの準備。
今日は電子機器編。

Img_0166

自転車で野宿旅行すると一番ネックになるのはこの辺。
なんせ、クルマやバイクみたいにシガーソケットから電気をとる事はできないし、基本野宿たと宿に泊まった時に充電することもできないと。

そんなもんなんで、持っていくのは最小限。たくさん持っていくと思いしねぇ。。

iPhone4s

メインの電子機器です。しかもSoftbank版。北海道だと圏外多いです。
特によく行く日高だと、海沿いの国道から少し中入るとすぐ圏外。。
一応、ソフトバンクの電波改善速報とか見ると改善工事はしてるっぽいから、今年は改善してるかなぁ。。
基本的には、電話・メール、Web、地図表示とかに利用。走ってる時はデータ通信切ってバッテリー節約します。
旅行用でよく使うアプリはこんな感じ。何かの参考になれば。

  • Google Maps
    周辺の情報(コンビニ、キャンプ場etc)を調べるのに利用。
  • MapFan
    正確にはリンクのMapFan+でなく、MapFan。オフラインで地図が使える。
  • ロケスマ
    googleのMyMapsや、その他いろんな地図を表示できるアプリ。
    はちのす さんのキャンプ場地図とか、コンビニ地図、100均地図、電源の使えるお店地図など、特定の場所に絞った地図検索できる。
  • 食べログ
    定番アプリ。美味しそうなお店を探すときに。
  • 温泉天国
    近くの温泉情報を検索。汗かくのでやっぱり1日1回は入りたいです。。
  • Y!乗り換え案内
    輪行するので必要。乗換案内アプリはいろいろあるけど、コレが一番好き。
  • ウェザーニューズ タッチ
    天気予報アプリ。自転車乗りには雨と風が天敵です。。
  • 楽天トラベル
    ホテルの予約に。と言ってもホテル使うことはまずないのですが、天気悪ければ屋根のあるところに逃げるをモットーにしてるので、緊急避難のために。お仕事の出張とかでは普通に活躍してます。
  • まっぷるマガジン
    ホンダ提供のツーリングマップル全国版を無料で閲覧できるので。とは言え、普通のツーリングマップルに載ってるキャンプ場とか、コンビニがのってないし、温泉とか道の駅はどこにあるかがわかっても、名称がわからなかったりで微妙なんですが。
  • 標準のカメラアプリ
    基本写真はコレです。一つ前に使ってた3GSだとあまり常用する気にはなりませんでしたが、コレなら十分です。
  • iBooks
    自炊したツーリングマップルを閲覧するために利用。
  • Safari

Kobo glo

あんま評判の良くない楽天 Koboです。とはいえ、ライバル?のKindleと比べるとmicroSDカード使えたり、中身実はLinuxでゴニョゴニョできたりと、自炊派&Linux開発者としては面白そうな素材なので買ってみた。

電子ペーパーなので、電池食わないし、晴天時でも見やすいので意外とこんな自転車旅行に向いてる気がするので今回投入。

前回自炊したツーリングマップルを入れて使うのと、暇つぶし用の本を入れとく為に利用する。

モバイルバッテリー

自転車旅における電源問題の解決方法の1。外付けバッテリーです。
この製品、10400mAhあって5回くらい充電てきるっぽいので、6日であれば十分持つかと。
基本、iPhoneは2日くらいは電池が持つし、6日間ずっと電源が取れないわけでもないので、今までの経験からで言うとコレで十分。

ラジオ

AudioCommのライターサイズラジオ。3年前くらいから使っていて、ミュージックプレイヤーより電池食わないし、ニュースとか天気予報とか聞けるので意外と便利。

あと、この時期の午前中はNHK第一で夏休み子ども科学電話相談やってて、これが面白い。。

LEZYNE SUPER DRIVEと予備電池、モンベル クラッシャブルランタンシェード

自転車用のライトとその予備電池。汎用性の高い単3形電池を使うのでなく18600という形の充電電池を使うもの。外出先での入手性は最悪ですが、とても明るいので採用。
あと、このライト、

  • 18600を使うライトながら電池交換が可能
  • 充電機能も搭載していてUSBケーブルで充電可能

なので、実はエネループ+充電器持ち歩くよりは省スペースだったり。また今までの経験からは予備電池を使うほど使わないはず。。。
モンベルのクラッシャブルランタンシェードは、こういうライトにかぶせてランタンぽく使うためのシェード。コンパクトな割に十分に使えます。

USB給電アダプタとケーブル

最大2.1Aで2口の給電ができるアダプタと、USB->mini/micro USBとUSB->ドックのケーブル2本です。

iPhone4sがドック仕様、KoboとモバイルバッテリがmicroUSB、LEZYNE SUPER DRIVCEがminiUSBなのでどれにも対応できるように。

..とこんなかんじです。

ホントはNexus7 2013とか、iPad mini Retinaとか、7~8インチクラスのWindows8タブレットとか地図アプリビューワとして持ってきたいんですが、今回は間に合わない。。

あと、このへん持ってくとなるとバッテリーの問題が再浮上してくるのでどーするか考えないとダメかも。最悪ハブダイナモにして給電するか?

« 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(地図編) | トップページ | 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(雨具編) »

自転車とか」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(電子機器編):

« 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(地図編) | トップページ | 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(雨具編) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ