最近のトラックバック

Twitter

楽天

« 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(調理器具編2) | トップページ | 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(地図編) »

ケベルさんのダウンチューブにボトルケージをつける

最近暑いです。。先週なんか暑すぎて週末エアコンつけた部屋に閉じこもる始末。。(今年エアコン入れたのも初!)
こんな時自転車乗ると水のんでなきゃ危険ということで、ボトルケージに水入れたボトルをつけるわけですが、ツール缶使ってるとボトルが1つしか付けられん!ということで、↓のELETE SKEKANEを使ってました。

ケージを最大3本まで付けられたり、CO2インフレータを取り付けられたり付属のベルト使って輪行袋とか括りつけられたり、何よりトライアスロンっぽくてサドルバッグよりかっこいい!と結構気に入ってたのですが、

  • 基本ボトルx2、ツール缶x1という構成なのでサドル下に2本も付けない
  • ここに荷物を括りつけることってあんまりない。

と、フレーム側に3個ボトルケージがつくなら必要ないんじゃねぇかと。結構コレ重いし。。
で、ブルベなんかで長距離はしる人なんかのBlogとか雑誌見てるとダウンチューブにケージ増設してツールボトルを入れてる人が結構いる。コレなら最小限の重量増で必要な物を持ち運べるのではないかと考えたわけです。

なので、別件で調達してたケージを増設するためのVIP bottlecage clipsとか、Bikeguy どこでもケージホルダーとか使ってみたのだけどつかない。。


VIP bottlecage clipsがつかないのは単純にKEBELのダウンチューブが太いせい。あと5cmくらい長ければつけられた。どこでもケージホルダーはそもそも取付対象が丸パイプで、六角柱になってるKEBELだとゴムの台座が形合わない。。

他にもいろいろ

あるけど、基本的にハンドルとか、シートポストに増設することを想定してて、明らかに取り付け不能。ZefalのGizmoは直径60mmまで取り付けできるってあるからもしかするかもーとは思ってるけど。

これは穴でも開けて、ちょっとナッター でネジ穴増設するしかないかなぁ…、でも金属フレームならともかくカーボンじゃリスキーだよなぁ…

なんて思いつつ、ひょんなことからBB下をのぞいてみたら、
Img_0419
なんか、ネジ穴があるわけです。
これ、KEBELはケーブル内蔵フレームなのでそのトップチューブに内蔵してるシフトワイヤーが出てくるところのカバーを止めるためのネジ穴。
ちょっとネジの角度が微妙なんだけど、もしかしてここにケージが付けられないかと。

で、やってみた。
Img_0417
ネジ穴は1個しかないので、ケージ側に回んないようにゴム板貼付け、ネジ代わりにマジックテープを括りつけ。
Img_0420
って、やってみたら普通にくっついちゃいました。
下のネジ1本で結構問題ない感じ。
今日これつけて40Km位走ったけど全然問題ない。

とは言え、やはり片方だけで止まってるのでちょっと怖い。ベルクロが赤いのも気に喰わないのでちょっと別のものを考えよう。

« 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(調理器具編2) | トップページ | 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(地図編) »

自転車とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケベルさんのダウンチューブにボトルケージをつける:

« 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(調理器具編2) | トップページ | 夏休み自転車キャンプツーリングの準備(地図編) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ