最近のトラックバック

Twitter

楽天

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

RaspberryPi再セットアップ2

クラッシュしたRaspberryPi、調べてみたら電源回りの不具合なんかでSDに書き込みに失敗して論理破壊起こした可能性が高そう。。
なので、できるだけ回避すべくSDへの書き込みを減らすよう設定をいじってみる。
環境はRaspbian+Raspberry pi 512MBモデル

ポイントは

  • 定期的に書き込みが発生するログディレクトリをメモリ上に保存する
  • Squidのキャッシュを作らない。

あたり。組み込む機能によっても違うかもしれないですが、使用予定の機能だとこれくらい。
デメリットとして↓があるけど、自分の用途だとあんま困らないと判断(ほんとか。。。)

  • 電源切れるとログ残らない。
  • 曲がりなりにもメモリを使うので256MBのRaspberryPiだと厳しいかも
  • キャッシュサーバとしてのSquidの意味がない。

○ログディレクトリのオンメモリ化
tmpfsを/var/log/にマウントしてやります。

  1. /etc/fstabに以下を追加

    tmpfs           /var/log        tmpfs   defaults,size=32m 0       0

    →size=32mのところは適当にいじってください。メインメモリ上に確保するので大きくしすぎるとOOMKillerが発生します。
  2. apacheのログディレクトリを作るようにする
    apacheは起動時にログディレクトリ作ってくれないみたいなので、作るように設定します。
    /etc/apache2/envvarsの適当なところに下記を追加。

    if [ ! -d /var/log/apache2 ]
    then
            mkdir /var/log/apache2/
    fi
  3. squidのログディレクトリを作るようにする。
    squidもapacheと同じみたいなので、同様の処理を/etc/init.d/squidに入れます。

    if [ ! -d /var/log/squid/ ];then
            mkdir /var/log/squid/
            chmod 777 /var/log/squid
    fi
  4. ログローテートいじる
    保存できる容量が減ったので、ローテートである程度超えないように設定してやります。
    /etc/logrotate.confやlogrotate.d/以下のファイルを修正してローテート回数とかタイミングを調整します。

取り合えずこれで様子を見る。。

○squidのキャッシュ無効化

キャッシュ無効化して代理アクセス機能だけにしてしまいます。
使用目的が社内からごにょごにょするためなのでキャッシュいらないのです!
/etc/squid/squid.confに下記を追加でよいはず。

acl NOCACHE src 0.0.0.0/0.0.0.0
cache deny NOCACHE

さて、あとは定期的にfsckするようにせっていするかねぇ。。

Raspberry pi再セットアップ

自宅のDHCP/DNSサーバ、リモートアクセスサーバとして使ってたRaspberryPiがクラッシュしたので再セットアップ。。
元の環境を残していなかったので最初から。

クラッシュした原因はSDカードのファイルシステムが壊れたっぽい。
仕事で使ってる(た)Beagle BoardなんかもそうだけどSDカードって壊れやすい印象がある。。
ログの書き込みとか工夫する必要があるのかも。

とりあえずRaspbianのインストールとsshdの設定から。
今回はsamba4の環境を構築しようかしらん。。

Windows8.1

手持ちのノートPC(ASUS Zenbook UX21A)をWindows8.1にアップデートした。
自分の使ってる範囲ではWindows8とそう変わらないみたい。

ただ8よりもMicrosoftアカウントとの結合(特にskydrive)が強くなってるみたいで、ストアアプリのSkyDriveはローカルアカウントで使えない。。。
ちょっとこれは正直どうなの感がかなりある。

ほかに、改善点としてはデスクトップで若干使いやすくなったことと(サードパーティー製ソフト入れなくてもデスクトップ直行とか)、スタートスクリーンのカスタマイズがより細かくできるようになったのはよいかも。8ではレジストリをカスタマイズする必要があったフルHDの11インチモニタ機で、スクリーン縦6列表示も設定からできるようになってたし。

検索も8の時はアプリ/ファイルとか分けて検索だったのがまとめて検索できるようになったので、スタートスクリーンを一種のランチャー的な使い方がよりしやすくなった感じ。
Windowsキー→キーワードでアプリ・ファイルを絞り込めるし、Windows7以前のスタートメニューの検索より融通が利くのでこれはこれで便利。

目下一番の不満点はタッチパッドの動作。
Windowsが悪いというよりASUSのドライバがダメ。
マルチタッチでいろいろ操作できるのはいいのだけど肝心の「ホイールクリック」に相当する操作ができない。
元のメーカードライバだとできるのに。
なんでちょっといじって修正しているけど、まともに対応してほしい。。

輪行袋

輪行袋を買い換えた(追加した?)。
これまで使ってたのはモンベルのコンパクトリンコウバッグ、コンパクトリンコウバッグ クイックキャリーの2つ。

どちらも軽くコンパクトになるので愛用していたのだけど、もう5~6年は使ってるのでところどころ破けたり。
また、去年の暮れからMadFiber使い始めたのでこういう「ホイールをフレームに括りつける」形式の輪行袋だとホイールが破損しないかとっても不安。
(MadFIber、横ぺなぺななもんで。。)

なんで、もっといいのないかなーと探して見つけたのがPandaniの輪行袋。
重さ121g。
モンベルのコンパクトリンコウバッグの方で290g、クイックキャリーで305gなので、ぶっちぎりで軽い!
(とは言ってもストラップとかはないので、その分差し引いて見る必要はありますが。)
その上、別途ホイールカバーまで付属していて一つの荷物にするのではなく別々に持つという仕組み。
これならMadFiberでもあんま神経質にならずに済むかなぁとポチってみた。

配送の時に一悶着あったけど、無事に到着。早速計量してみた。
Img_0002
実測でも121gです!結構すごい。。

という訳で体育の日3連休、早速使ってみました。
Img_0704
こんな感じ。

  • ストラップでホイールを固定しなくて良い
  • ホイールが袋の中で動かないので持ち運びやすい
  • コンパクトリンコウバッグみたいに、巾着を閉じなくて良い(その後処理も必要ない)
  • 後輪はずさないのもあって、とっても輪行形態にするのが早い!
  • たたむとき、綺麗にたたむ必要がなく袋に押しこめばイイ

と結構おすすめ。モンベルのクイックキャリーの方はもういらんかなぁ。。
欠点はやっぱり後輪はずさないタイプの袋なので、でかいこと。
後輪外しても入れられそうだけど、それだとこの袋の利点が減ってしまうかも。
後輪外すタイプの袋も作ってくれませんかね、Pandaniさん。。
ちなみにコンパクトリンコウバッグのショルダーストラップを流用してます。さすがにフレーム手づかみは持ち運ぶの大変なので。

そういや、輪行中に2人あとから輪行の人が乗ってきたのだけど、片方がこんな感じのパッキング。
Img_0705
いや、フォーク飛び出してるのはまずいでしょう。。規則にも触れてますし。
そこそこ経験ありそうな人ぽかったのだけど、これじゃぁねぇ。。
その上ヘルメットとか、リュックサック(右下のね。)、席確保しても通路のど真ん中に置きっぱという。団塊世代の人間の考えることはよくわかりません。。

まぁ後輪はずさないタイプの袋使ってる自分があんま人のことは言えないんだけど、それでもこっちは後輪下にした縦置きにして専有面積最小限にしてますよ。
またこういう「後輪はずさない」タイプの輪行袋を批判的に言う人がいますが、「まともに入れられない」袋を使うよりマシな気も。
袋に入れるのはまず基本的に他者に危害を与えないためにあるはずですから、入れられないなら超速ファイブなりのきちんと袋に入れられる袋を使うべきだと思いますです。



歩道を走る自転車

基本的に自転車に普段の足を依存しているのらぬこさんですが、さすがに仕事の時は使えないので通勤時とかは歩く場所もあるわけです。
普通に駅(の近くの駐輪場)から会社まで歩道をてくてく歩くわけですが、職場の近くは富○通とか、N○Cとかその関連会社とか、それなりの規模のある会社がそこそこあるので駅→職場という人も多いし、一方で住宅も結構あるので自宅→駅という人も多く、歩道は結構混雑してるのです。
一方で、この辺りとっても平らなので自転車利用も多く、歩道も車道も自転車が沢山走っています。

で、のらぬこさん歩道を歩くときのポリシーとして
「自転車に道譲らない」
というのがあります。
まともな自転車乗りなら知っての通り、

  • 歩道は歩行者優先
  • 自転車は許可された歩道か、緊急避難時のみ通行可(高齢者、小学生以下除く)
  • (許可された道路でも)自転車が歩道を走るときは徐行
  • 歩道上での自転車対歩行者の事故は自転車の過失100%

という規則(マナーじゃないです。罰則のある規則です)がありますから、歩行者が歩道を歩いている限り自転車に対し道を譲る義務なんざ全くありません。
という訳で、今日も今日とて会社へ行くために歩道を歩いていましたら、子供連れのサラリーマン、その後ろに自転車乗った女性、というシチュエーションに。
Pic1

まぁこの状態だと、自転車が無茶な追い越ししない限りぶつかることもないので、真っすぐ進みます。
Pic2

そしたらなんと追い越そうとするじゃないですか。。とは言えこっちも避ける余地があんまない。いやまぁポリシーとして避けないわけですが。
Pic3
そしたらこの女性、止まる素振りも見せず無理やり通り抜けようとします、、となり幼稚園児歩いてんだけど。。
当然の帰結として接触。こっちはある程度身構えてたのもあって特にどうということはなかったのだけど、女性はよろけて転倒。。

えーと、なんで止まらないんでしょうか?
この道、結構こういう自転車多くて、覚えてる限りで

  • ばかみたいに飛ばすママチャリ。
  • メット/サングラスかけたロード。
  • 子供乗せ自転車に乗ったおばさん。こっちが避けなかったことが気に食わなかったのか、わざわざ戻ってきて自転車で再度ぶつけられた。
  • 周り見えてないガキ。

とか。いずれもこっちが悪いみたいな眼してあやまりもしないんでやんの。
これもう、歩道で歩行者が自転車に対して【善意】or【自身の防衛】のために自転車に道を譲っていることが、【当然の事】と認識されちゃってるわけですよね。
ホントは【自転車が】譲る義務があるのですけど。

という訳で、歩行者は歩道では自転車に道を譲らないほうが良いと思います。
譲ることが当然の状況があるから、自転車が歩道を傍若無人に走るわけですから、歩行者が道を譲ってくれなければ歩道は自転車にとって超リスキーな場所です。
最初に上げたとおり、歩道上で対歩行者の事故を起こせば100%自転車側の責任です。あと自動車みたいに行政罰とかないから、即前科者です。
今の日本だと、前科つくと下手すりゃ仕事も失うね。
それにどーせ保険にも入ってないんだろうから、下手すりゃ破産。
怖くて歩道なんか走れませんよもう。
そしたら晴れて歩道は歩行者のものになります。

牟田さんとか、それなりに影響力ある人がこういう形で「歩道を走るのがリスキーである」ということをもっと周知してほしいなぁ。。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ