最近のトラックバック

Twitter

楽天

« Raspberry pi再セットアップ | トップページ | Windowsのバッテリーレポート »

RaspberryPi再セットアップ2

クラッシュしたRaspberryPi、調べてみたら電源回りの不具合なんかでSDに書き込みに失敗して論理破壊起こした可能性が高そう。。
なので、できるだけ回避すべくSDへの書き込みを減らすよう設定をいじってみる。
環境はRaspbian+Raspberry pi 512MBモデル

ポイントは

  • 定期的に書き込みが発生するログディレクトリをメモリ上に保存する
  • Squidのキャッシュを作らない。

あたり。組み込む機能によっても違うかもしれないですが、使用予定の機能だとこれくらい。
デメリットとして↓があるけど、自分の用途だとあんま困らないと判断(ほんとか。。。)

  • 電源切れるとログ残らない。
  • 曲がりなりにもメモリを使うので256MBのRaspberryPiだと厳しいかも
  • キャッシュサーバとしてのSquidの意味がない。

○ログディレクトリのオンメモリ化
tmpfsを/var/log/にマウントしてやります。

  1. /etc/fstabに以下を追加

    tmpfs           /var/log        tmpfs   defaults,size=32m 0       0

    →size=32mのところは適当にいじってください。メインメモリ上に確保するので大きくしすぎるとOOMKillerが発生します。
  2. apacheのログディレクトリを作るようにする
    apacheは起動時にログディレクトリ作ってくれないみたいなので、作るように設定します。
    /etc/apache2/envvarsの適当なところに下記を追加。

    if [ ! -d /var/log/apache2 ]
    then
            mkdir /var/log/apache2/
    fi
  3. squidのログディレクトリを作るようにする。
    squidもapacheと同じみたいなので、同様の処理を/etc/init.d/squidに入れます。

    if [ ! -d /var/log/squid/ ];then
            mkdir /var/log/squid/
            chmod 777 /var/log/squid
    fi
  4. ログローテートいじる
    保存できる容量が減ったので、ローテートである程度超えないように設定してやります。
    /etc/logrotate.confやlogrotate.d/以下のファイルを修正してローテート回数とかタイミングを調整します。

取り合えずこれで様子を見る。。

○squidのキャッシュ無効化

キャッシュ無効化して代理アクセス機能だけにしてしまいます。
使用目的が社内からごにょごにょするためなのでキャッシュいらないのです!
/etc/squid/squid.confに下記を追加でよいはず。

acl NOCACHE src 0.0.0.0/0.0.0.0
cache deny NOCACHE

さて、あとは定期的にfsckするようにせっていするかねぇ。。

« Raspberry pi再セットアップ | トップページ | Windowsのバッテリーレポート »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RaspberryPi再セットアップ2:

« Raspberry pi再セットアップ | トップページ | Windowsのバッテリーレポート »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ