最近のトラックバック

Twitter

楽天

« ハンドル幅 | トップページ | PD-9000とSIDI genius 5-fit carbon »

ビンディングペダル

お買い物自転車であるところのケベルさん、当然ながら歩きやすいマウンテンバイク系のペダルを使ってる。   
これまで使っていたペダルも基本的にはこのペダル。   
例外は通勤用の中華カーボン号が(革靴で乗るので)フラットペダルになっているくらい。

 

これまでのビンディングペダル遍歴は

 
       
  1. シマノ PD-M540?あたり    
    一番最初に使ったビンディングペダル。そんなに悪くなかった気がする。      
    ただ、当時は自転車1台しか持ってなかったので普通の靴で乗ることがあるのを考えると、つらいのでリフレクター兼片面フラット化のアダプターつけたりしてた。      
    このリフレクタ、悪くないのだけど外すのがむちゃくちゃ固い、あと片面SPDになるとSPDでも、普通の靴で乗る時もふみ面の確認が必要という問題も発生しメンドクサイという問題が発生。。      
  2.    
  3. クランクブラザーズ Mallet    
    PD-M540での不満、普通の靴で乗るのがつらい、片面SPD、片面フラットだとメンドクサイということで、普通の靴でも乗りやすそうなプラットフォーム付のペダルを探して決めたのがこれ。      
    決め手はビィンデング機構が小さく、普通の靴で乗るのにも違和感が少なそうだったから。      
    そういう意味では、このペダルはよかった。2~3年くらい使ってた気がする。でも、ペアリングの耐久性が悪かった。      
    北海道旅行の時に、稚内の手前でベアリングから異音が発生したとき(使って1年ちょっとくらい。たぶん5000kmくらいしか走ってないと思う)はもうどうしようかと。      
    稚内できちんとしたスポーツサイクルショップをみつけて調整してもらえたのでよかったけど。      
    最終的にはペダル軸がガタガタになってカチャカチャ音が出るようになったので交換。      
    このペダル(というかクランクブラザーズのペダルの)利点はクリートが小さいこと。シマノSPDに比べて固い地面を歩いていてかカチャカチャいいにくい。      
  4.    
  5. シマノ PD-A520    
    当時、シマノ最軽量のSPDペダル。今はPD-A600もありますが。これなんで買ったのか覚えていない。      
    片面SPDはメンドクサイのはPD-M540+リフレクタで知っているし、マレットでSPDクリートよりいいクリートがあることを知っていたのに。      
    ポケットロケットに最初つけてたような記憶があるので、これ用に買ったのかもしれない。。      
    ただ、次のペダルがよすぎて、持っている自転車につけるペダルをすべて統一したので、ほとんど使っていない。      
    あと、やっぱり片面SPDはだめだと思いました。PD-A600ならもっとましなんだろうか。      
  6.    
  7. LOOK Quartz    
    今のメインペダル。気に入って3台の自転車すべてにつけてたこともある。      
    「(比較的)安い」「軽い」「ふみ面広い」「クリート小さい」「両面ビンディング」を兼ね備えた製品。      
    何気にクランクブラザーズのクリートがつかえたりする。こっちのがさらにクリートが小さく、Qファクター調整機能があるので、      
    そういうのを気にする人はそっちを使ったほうがよいかもしれない。      
    ただ、固定力は落ちるのでマレットからの引継ぎでしばらくクランクブラザーズのクリートを使った後純正のクリートに切り替えた      
    いまはディスコン。後継のS-Trackに代わっている。こっちはクリートからして変わっているみたいなので、どんなもんだろう。。      
          
 

と、だらだら書いてきたところで本題。   
今までMTB系のビンディングを使ってきたわけですが、やっぱり「ペダルのふみ面が小さい(気がして)ので足の裏が痛くなる」という問題に対処できてなかった。   
あと、ロード乗っている人は3穴系のペダルを使っている人が多いわけで、それはそれで何か理由があるのではないかと。

 

なので物は試しとばかりに買ってみました。PD-9000、SPD-SLペダルです。。

 

IMG_1350[1]

 

合わせるシューズはSIDI genius 5-fit carbon。メガでないほうです。

 

IMG_1349[1]

 

ペダルのほうはSPEED PLAYと大いに迷った。こっちは何より両面ビンディングで、その利便性はMTBビンディングのときに思い知っている。   
また巷のレビューでもよいものが多い。ただ問題はクリート。歩きにくいだの、メンテ必要だの、どうも取り扱いが面倒そう。   
特に、ネジの締め付けとかCリングとか定期的にメンテしないといけないのはズボラな自分には耐えられそうにないということで、SPD-SLに。   
SPD-SLだと今ならPD-5700-Cとか下位グレードでもカーボン使った軽いのが出ているけど、デュラはQファクターやスタックハイトがアルテグラ以下のモデルより小さいので、小柄な自分にはそちらのほうがよいだろうと。

 

靴のほうはSIDIが意外と安かったから。ほんとはスペシャライズドのROAD COMPあたりを買おうと思ってた。   
サイズは迷った。個人的は足の幅が広いほうだと思ってたのだが、革靴のひもは余り気味だし、シューズのラチェットはほぼ近くまで締め上げる。   
少なくとも甲高ではないっぽいようだ。また比較的狭いといわれるスペシャの靴を履いた時にあまり違和感を感じなかった、ということで通常モデルにしてみた具合。   
結果的には不正解ではなさそう。フィット感は悪くない。

 

しかし、、、、

 

今日は雪なんだ。。。部屋の中でローラー回すしかない。。

 

というわけでレビューはまた今度。

 

« ハンドル幅 | トップページ | PD-9000とSIDI genius 5-fit carbon »

自転車とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビンディングペダル:

« ハンドル幅 | トップページ | PD-9000とSIDI genius 5-fit carbon »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ