最近のトラックバック

Twitter

楽天

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

MIIX2 8のGPSが動いたよ

去年の年末に買ったMIIX2 8。コンパクトで便利に使ってるのだけど、1つだけ問題があった。それはGPSがまともに動かないということ。2chに限らず、海外の掲示板とかあちこちでうごかねーという話が聞こえ、やれAcer W4-820のドライバ入れろとか、地図表示して30分待てとか情報が錯綜してる状態。

 

その中でのらぬこさんのブツは何をやっても反応しない。。。

 

http://ascii.jp/elem/000/000/865/865751/

 

のページで紹介されている「センサー診断ツール」(sensordiagnostictool.exe)を使ってみるといつまでたってもInitalizingのままで、No Dataかつ「パイプを閉じています」。しばらく放置しても変わらない。。ただこのページに一つ大きな情報があり、なんか別のアプリが占有してるとこういう状態になるらしい、というモノ。なので必要なさげなのを片っ端からアンインストールしたけどもやっぱりダメ。

 

もうだめかと思いつつ、センサー診断ツールの結果をググってると

 

http://en.community.dell.com/support-forums/mobile-devices/f/4586/t/19514800.aspx

 

こういう情報が。。。

 

どうもレジストリ周りが怪しいっぽい。。。

 

とりあえずこの情報の通りエントリを追加したものの何も変わらない。しかし、ドライバはいってるにもかかわらず

 
   

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Broadcom\Location

 

のキーがないので何かおかしい。。ここでアッと思いだしたのがAcerのGPSドライバの中に似たようなレジストリの登録エントリファイルがあったこと。上記のサイトで紹介されているものと同名の「LogOn.reg」と「NetworkIoOn.reg」の2つもある。中のぞいてみると。

 
       
          
    • LogOn.reg       
      [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\RadioManagement\Misc\BcmGnssRadioManager\Location\HAL]         
      ”LogEnabled”=dword:1
    •       
    • NetworkIoOn.reg       
      [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\RadioManagement\Misc\BcmGnssRadioManager\Location\HAL]         
      ”NetworkIoEnableMask=”dword:FFFFFFFF”
    •    
 

になってて、エントリは同じだけども登録する場所が違っている。   
なので、これは怪しいということでまずドライバをアンインストール。レジストリも関係ありそうなものを全部削除(gnssで検索した)して再起動。    
ASUSのVivoTab noteのドライバをインストール。(たぶん一番新しい)。    
そのあと、上記2つをレジストリに登録。また、この2つはAcerドライバの「test」フォルダにあったファイルなのだけど、その一つ上GPSフォルダにあったcp210x.regも登録してみた。(関係ないかもしれないけど).

 
       
          
    • cp210x.reg       
      [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\RadioManagement\Misc\BcmGnssRadioManager\Location\HAL]         
      ”PortName=”auto:cp210x”         
    •    
 

そのうえで再起動して、「センサー診断ツール」を起動すると、、、やっぱり黄色(Initalizing)だけど、たまに緑になる。電波のつかみが悪いのか?ということで窓際においてみる。

 

pic1

 

readyになった!!データも流れているポイ。ヨシヨシということでモダンアプリのGPS動作テスターを起動。すぐに補足した!。しかも良好に稼働中だとのこと。マップアプリでも正しい場所が表示されている。

 

pic2

   

2chなんかでは電波つかむのに時間かかるみたいな情報があるけども、窓 側とか電波が届きやすいところなら数分で表示される。結構快適な動作。   
ただ惜しむらくはやっぱり電波のつかみが弱いこと。iPhoneなら問題ないところでもInitalizingになっちゃうから。。これレジストリかなんかで閾値設定できるのかな。。

 

あとはもう少し安定稼働するか実験してみよう。。

自転車ケミカル考(チェーンオイル)

自転車にか欠かせないオイルや、グリス、はたまたメンテナンス用のディグリーザーなどこれまで使ってきたものを整理してみる。評価は独断と偏見だけど、基本的にめんどくさがりなので、潤滑性能より「飛び散りにくさ」「汚れにくさ」「もちの良さ」あたりを重視。特に飛び散るのは好きじゃない。。 

△ワコーズ ラスペネ

 

確か、大学の時にMTB買ったときに一番最初に使ってたチェーンオイル。耐久性がなくて、特に雪の時はすぐチェーンが錆びちゃうのでリピートそれ以降リピートしていない。水置換性があるので、チェーンオイルとして使うより洗車後にさび止めとして使うとか、ディレイらーのリンク部分とかに使うのがよいのかも。

 

○ワコーズ メンテルーブ

 

たぶんチェーンオイルとしては定番品の一つ。もちの長さや潤滑性には悪い印象はないので、まず間違いのない選択だと思う。ただ真っ黒にはなるのできれい好きにはお勧めしかねる。また、ラスぺネにも共通するがノズルが折り畳み式でなくすことがないのがポイント高い。差し込み式のやつは気を抜くとすぐなくしちゃうので。

 

◎Boeshield T-9

 

ボーイングが開発したとかいうセミドライルブ。どうもカヤック業界でも有名らしい。結構お気に入りの製品だったのだけど日本の代理店が現在は廃業してしまい、手に入りにくくなってしまった。。持ち、潤滑性ともにそこそこで、かつ汚れにくいというかなり万能な製品だった。。

 

△(ココ一発の用途なら○)FINISH LINEセラミック ウエット ルーブ

 

フィニッシュラインの金色。潤滑性能はとてもよかったが、汚れやすく、飛び散りやすいのでリピートはなし。きちんと拭き取れば飛び散りにくいらしいけど。ただ汚れはするものの、固着しないので拭き取ればきれいになる。豆に手入れできる人にはお勧めかもしれない。

 

△(用途によってはたぶん◎)FINISH LINEクロスカントリーウェットルーブ

 

フィニッシュラインの緑。フィニッシュラインのオイルの中で一番悪条件に強いやつ。毎年の北海道ツーリングでその雨天性能ともちの良さに期待して現地調達したオイルの一つ。こいつは今までに使ったオイルの中で一番粘度が高い。ほかのはほとんど「水」くらいなモンだが、こいつは緩めの蜂蜜くらいの粘度がある。ただ、真っ黒になるし、耐久性がよすぎてきれいにしにくいので数回使っただけで放置。。たぶんマッチする条件に合うシュチエーションだとよいのだと思う。。

 

 

◎ナスカルブ

 

たしかロングライダースでおすすめされてたので使ってみたおいる。たぶん、価格とか度外視すれば一番のおすすめ。持ち、潤滑性能、汚れにくさともによい。ただちょっと高いので今はAZのオイルに浮気中。同じシリーズでグリスもあるのでこいつの性能も気になる。。

 

×AZ チェーンルブ マルチパーパス

 

ケミカル業界の縁の下の力持ち?AZが自転車用に出したオイル。安いのと興味でとりあえず無難なこれを選んでみたが、これは失敗。FINISH LINEセラミック ウエット ルーブと似たような傾向で、飛び散るしすぐ汚れる。しかもFINISH LINEと違って吹いてもきれいにならないし、あまりオイルが持つ感じもない。。オイルが切れるまでは潤滑性能は悪くないのだけど。。

 

(保留)AZ チェーンルブ クリーン

 

現在利用中のオイル。マルチパーパスがあまりに汚れるし飛び散るので、代わりに買ってみた。AZのオイルは安いので結構気軽に購入できるところがよい。まだどれくらい持つかは検証中だけど、汚れない!これだけでリピートしてもよいかもしれないと思っている。潤滑性能はウェット系のオイルに比べると劣るというかチャリチャリ音が大きい。一度塗った後、少し走って再度塗布しろと説明にあるから何度か塗り重ねる必要があるのかも。

自転車通勤の憂鬱

雨が降らなければ自転車通勤しているのだが、そのルートのうち何か所か自動車の横暴な振る舞いで非常に危険な状況となっている箇所がある。もう毎朝のことなので慣れた部分があるものの、危険であることには変わりないので、こんなところで晒しても改善されないと思いつつさらしてみる。

 

まず1か所目。新川崎駅地区の道の自転車レーン。この自転車レーン数年前に道を拡張した際に作られたもので、できた当初は交差点部分の処理を除けばそこそこまともなものができたと思ってた。。ところが1~2年たつとそこは路上駐車天国に様変わり。。これがとある日の自転車レーン。。。ほとんどが土建業者系のトラック。たぶん現場へ行く前の時間調整とか待ち合わせに使ってるのだと思う。

 

IMG_1398[1]

 

自転車レーンがあるとはいえ、幅のあるトラックなので、まぁ道路の半分占有してる。さすがに両側同時に駐車してることはほとんどないのだけど、互い違いになってることはあり実質1車線状態。対抗の車が来ると結構怖い。結局自転車レーンでは、車の路駐を防げないので縁石も受けるとか物理的な分離も必要と思う次第。

 

2か所目。ここも新川崎駅近くの裏道。

 

IMG_1390[1]

 

ここは上記の場所に輪をかけてひどい場所。自転車レーンさえなく、よくダンプが連なって止まっている結果こんな状態。これで対抗の車が時々来るのだから、まぁ心臓によろしくないです。ひどいときにはこの写真の場所が90°位のカーブになってるんだけどもそこからずっとダンプが縦列駐車してて、カーブの先が見通せない状態に。対抗の車来てたら絶対事故る。正直ダンプの運ちゃん何考えてんだ、警察取り締まれよ。。と思う場所。ただ路上駐車禁止の表示機は記憶にないのでOKなのかもしれないが。。

 

3か所目。これはもう特定のこの車がクズという事例。

 

IMG_1395[1]

 

ここはかなりの変則5差路。近くに小学、中学、高校もあるもんだから見ての通り自転車も歩行者も多い。それでその交差点のど真ん中に路駐。のらぬこさん的にはこの写真の位置から左奥の高架の下へ抜けたいのだけど、ここに車があるせいで左の橋から進んでくる人や車がブロックされて見えなくなってしまう。。ただでさえ、歩行者自転車ともルールもくそもなく、道路も変則で誰がどこに進むかわからない状態なので気を使うのにさらに難易度を上げてくださる車。

 

この車たぶんこの左側にある小学校へ毎朝なんか納入してる業者の自動車だと思うのだけど。。。というか交差点内は駐停車禁止だろう。。そういや今日帰るときに佐川急便のトラックもここ止めてたな。。

 

 

 

もう数年同じような状態なので、改善の見込みもなさそうなのだけど、、どうにかならないもんだろうか。。警察もたまに通っているみたいだけどまともに注意してないみたいだし。

2014 GW 野宿ツーリング装備ロード版

2014年のゴールデンウィーク、カレンダーの日付が悪くしかも仕事が詰まってて有給取れないという何それ状態。。。というわけで前半戦は基本遠出はせず。後半戦に1泊二日の野宿ツーリングへ行ってきました。目的地は群馬。

 

ここんとこ継続してるダイエットの反動として桐生のはっちゃんショップなる500円バイキングへ行くこと、今年の野宿装備の運用確認が主な目的。   
しかし、はっちゃんショップは11日までお休みということでだめだったんですが。。

 

↓が今回の装備。野宿装備と雨具、輪行グッズ、工具類が入ってます。1泊2日なので自炊キットは持ってってません。着替えとかはリュックサックの中。   
IMG_1381[1]

 

フロントバッグはREVELATE DESINGSのPocket。このフロントポーチ部分にシェルターのポールとfinetrackのポリンゴンシールド、モンベルのバーサライトジャケットが入ってます。ハーネス部分には何もはさんでなのでまだ荷物を積むことは可能。

 

リアのバッグはオルトリーブのサドルバッグ。確かSサイズ。ここにはマット、シェルター、タープ兼輪行袋、輪行用ストラップ、エンド金具を収納。   
BB下につけたツール缶には工具、箸、スプーン、ペグ、張り綱、マルチツールあたりが入ってます。トップチューブはプロファイルデザインのAERO E-PACK。ここに鍵とクリートカバー、補給食。

 

パッと見キャンプツーリングしてるようには見えないですね。。これは。普通の日帰りツーリングとかでもこれくらい荷物ある人いますから。。

 

で、今回の一番の目的がタープ兼用輪行袋をタープとして使ってみること、ポリゴンシールドの使いごごちです。

 

某所河川敷でタープ+シェルターで設営してみたのがこれ。

 

IMG_1385[1]

 

うん。タープとしては普通に使える。結構風があったにも関わらずそんなに不安感なかったし。ただ張り綱が足らなかった。。センターポール用とは別にもう2本用意しとく必要がある。あとペグも。   
風があったのもあるけど結露もなし。雨は降らなかったので防水性もよくわからない。ただここ橋の下のなので関係ないですが。

 

ポリゴンシールドのほうはまぁ小さくてつくりもよいのですが、何分5月頭では少し寒い。。というか風邪ひいた。   
ポリゴンシールドの対応温度は13度~で、明け方の気温がそれくらい。服装がどっちかというと夏用ウェア+アームカバー⁺レッグカバー+ジャケットだったので服のほうの防寒性が0に近いていうのも理由かもしれない。    
とはいえ、夏ならこれ単体でも十分かと。ポリンゴンシールドだと外側が防水加工されてるしバグネットついてるしで単体での野宿も可能なので。寒い季節はほかのもの使うかレイヤリングを考えたほうがいい。

   

あと今回投入のAERO E-PACK、ダンシングしてもあまり気にならない。膝にすることはするんですがその気になり具合が我慢できるれべる。それでいて容量はあるので結構オススメ。   

 

さて、次はポケットロケットでのフル装備版を試してみるか

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ