最近のトラックバック

Twitter

楽天

« eTrex30購入 | トップページ | 2014夏旅 »

道具テストを兼ねて南信州

海の日三連休、先月の振り替え休日くっつけて実質5連休になったのであんまり行ったことのない東海地方に行こうかと。以前利尻であった、JR東海の職員さんが飯田線いいよーという話を聞いてたので飯田線沿線を走ってみた。塩尻か岡谷まででてそっから国道20号で自走で帰るプラン。

 

今回の道具テスト装備はこれ

 
       
  • Fairwatherのフレームバッグ      
    10212327_526539e530d8e[1]      
    http://bluelug.com/products/detail.php?product_id=19847      
    ほかのバッグ含めてこんな感じ。      
    IMG_1427[1] 
    マット、シェルター、ポールそのほか入り。ベルクロとボトルケージの穴が干渉するので、穴をあけてつけてある。ギアをインナーに落とすとチェーンとバッグが少し干渉するけどそこまで問題にはならない。
  •    
  • Garmin eTrex30 + OpenStreetMAP(日本語表示) + 自作POI(駅、道の駅、コンビニ、スーパー etc)      
          
    今回はほぼナビとして使用。自転車への搭載はミノウラのLWクランプ⁺KCNCのライトアダプター+純正のマウンタの組み合わせ。      
    IMG_1433[1]      
          
    純正だけだと、タイラップ止めで数台で使いまわすには1台ごとに用意するか、タイラップを用意しなおす必要があるけど、これならネジ止めなのでモンダイナシ。重いけどスペースマウントのほうにすればワンタッチで付け替え可能。あと、装着位置が前に出るので視認性もよくなるから結構オススメ。
 

という感じで、いつもの野宿装備を詰め込んで出発。新横浜まで自走、そこから豊橋まで新幹線で。

 

豊橋からは主に国道151号を行くのだが、、、eTrex30に途中にある道の駅グリーンポート宮嶋までルート案内させてたら、「最短距離」で案内してくれたらしく、新城から国道257->県道32->。。。のような2度ほど峠を越えるルート。これたぶん151号をまっすぐ走ったほうが楽だったんじゃなかろうか。。   
で、目的地の道の駅、いろいろ補給しようと思ったら立て直しだかなんかで取り壊し中。ほかにお店なんか見つかりませんが、通りがかったおっちゃんがふつーの民家の前に垂れ流しになってる湧水?を汲んでけつーので汲んでおいた。おいしい水でしたよ。   
仕方ないので次の道の駅めざします。次の道の駅は峠を越えた向こうがわ。この時点で約700mでGarminの高度マップ見る限りではせいぜい900mちょいくらいまでしか上がらない模様。(←罠だった。。)   
そこそこの坂道を地道に上り高度900m超えてもなんかなかなか峠を越える様子がない。。1000m越えてもなんか違うというところでeTrex30の高度表示の実績はともかくルートの表示は信用ならんのではないかという疑いが。。iPhoneでこの峠の情報を調べてみると1055mということで、うん、全然あてになんねと。まぁ1000m上ってればすぐ頂上なはずなので、少し登ってそこからは気持ちいい下り。次の道の駅までたどり着く。

 

ここではお店のおばちゃん、おっちゃんと立ち話。おばちゃんたこ焼き割引&焼き栗ただでくれた。ありがたい。こっから飯田まで40kmくらいなんで頑張れば日が落ちるくらいまでにはつきそうではあたのだけど、この次の道の駅下條で仮眠室があるのを見つけたので、ここで寝ることにして近くの温泉へ。仮眠室は畳が引いてあって快適だったのだけど、風がなくて熱がこもっててあんまりよく寝れなかった。

 

二日目は夕方あたりから天気崩れそう&明後日の天気悪そうなので諏訪あたりから輪行で帰ることを考えつつ、早めに出発。おかげで駒ケ根のソースかつ丼食い損ねる。   
辰野から岡谷に抜ける道、これもetrexの高度表示だと途中900mくらいの峠があるような表示。かなり身構えて走ってたのだけど峠なんてものはなく100mくらいだらだらと上っただけだった。どうもetrexの高度表示は目的地との直線間の高度を表示してるんじゃないか疑惑。そうだったらあんま使えないなぁ。。等高線で読み取るほうが確実かも。

 

岡谷まで出たらそのまま下諏訪へ。まだ昼だけど温泉入る。下諏訪温泉は入浴料が安いのでオススメ。お風呂出た後はひるごはんにそばを食べて(今回の旅で唯一のまともな飯だった。。)甲府を目指す。甲府までは大体70km。たぶん下り基調なのと、甲府まで出ると「かいじ」があるので輪行しやすいという読みがあったから。

 

で、ここから先は淡々と走るのだけどこれまで走ってきた国道151号や153号と比べ国道20号は交通量が多い。。しかも道はさほど広くないときてあまり楽しくない。甲府からさき、笹子トンネルとか走るのはものすごく気が重いのでやっぱり甲府から輪行することにする。   
甲府ではとりあえず温泉を検索して、お風呂入る。その見つけたお風呂がものすごい(いい意味で)骨董品だった。。最近あんなレトロな銭湯そうないよという銭湯でした。

 

甲府からは輪行で。さすがに甲府は始発なので輪行も楽。1時間ちょいで立川へ。ここから南武線のりついで帰ってきました。

 

 

 

とりあえずいろいろまとめ

 
       
  • eTrex便利。とくにPOI。準備は必要だけど、近くのコンビニやスーパーを見つけられるのはよいし、ルート案内もそこそこ正確。それだけだとスマホナビと対して優位点ないのだけど、屋外での画面の見やすさと電池の持ちが最大のアドバンテージ。半反射型液晶なので炎天下でもバックライトOFFで見やすく、消費電力も低いので丸2日使用して電池の使用量が1/3程度(エネループ使用)。
  •    
  • ただし、ルートの高度表示はあてにしてはダメ。現実との差分がすごい。。ただ高度表示自体はおおむね正確っぽい。特に校正はしていないが、ルートにところどころ出てた高度表示との差分は+10m以内の誤差。
  •    
  • フレームバッグはこれまで使ってたのより使い勝手は上。見た目も上。

« eTrex30購入 | トップページ | 2014夏旅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道具テストを兼ねて南信州:

« eTrex30購入 | トップページ | 2014夏旅 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ