最近のトラックバック

Twitter

楽天

旅行

北海道ツーリング(観光編)

さて、北海道ツーリング観光編。実際のところ自転車乗るために北海道行っている部分がでかいので、ほとんど観光をしていない。。

 

その中でまともに観光地を巡ったのは、目的地でもあった余市のニッカ余市蒸留所。大学時代に1度着たきり、2度目になります。前回同じルートを走った時は朝早かったのでパスした記憶。ここは実は地元の広島と地味につながりがあったり、創業者の竹鶴正孝は高校の大先輩だったりするのですな。。

 

IMG_1551

 

駐輪場が見当たらなかったので、受付で尋ねたら構内の駐輪場に案内してもらえました。ここなら安心。ただし、自転車も車両なので「ドライバーシール」を渡され、試飲はNGと伝えられます。。試飲したい方はバスか汽車でどうぞ。内部はもう工場って雰囲気ではないですね。。ただ、もう少し時期が遅ければ仕込みをしてる風景に出会えたっポイです。やっぱり工場ですから、動いているのもみたいですねぇ。

IMG_1539   

 

IMG_1538   

ここを出るときに、職員さんに声かけられましたが、試飲できなくて残念と、、いやほんとに残念です。。工場限定のウィスキーは買いましたけどね。

 

あとは、正直風景だけ、

 

IMG_1532

 

石狩平野の朝日。

 

IMG_1535

 

小樽の運河。ここで荷物の整理してたらほかの観光客から声をかけられて「普通の観光客の行かないきれいな運河」って何処?と聞かれたんですが、地元民でも何でもない自分にはわからず。。というかそんなところあれば有名な観光地になっている気もします。。

 

IMG_1556

 

羊蹄山。なかなか頂上が見えません。。この後雨降られちゃいました。。

 

IMG_1559

 

洞爺湖。定番の場所からの風景です。。さすがに観光客も多いが話してる言葉が日本語でないので、東アジアのどこかの人たちでしょう。。

 

IMG_1561

 

昭和新山。通る気はなかったんだけど、Germinにナビまかせてたら無駄にさかのぼる道を選んでくれて付近を通過しました。。

 

IMG_1834

 

苫小牧の夕陽。時間つぶしてたらいい場所見つけました。

 

 

IMG_1842

 

支笏湖。恵庭岳がかっこよいです。。

 

今回より道した場所はこんなかんじ。

北海道ツーリング(ルート編)

3泊4日で強行軍的に行ってきたツーリング。今年はいつもより2・3日期間が短いこともあり、思い切った遠くへ行けない(礼文とか道東へ行きたい。。)ので悩んだ挙句、幌加内でそば食べるか余市のニッカ蒸留所に行くかに絞り、幌加内はタイミング的に「お店が全部しまっちゃう」&翌日店あくまで動けないということで余市へ行くことへ。

 

その先のルートはあんま考えてなかったものの結果的に何年か前に走ったルートとほぼ同様のルートになった。。違うのは留萌ー小樽間が海岸周りか内陸周り(こっちのが30キロくらい長い)かくらい。そん時は、5泊6日だった記憶があるので自分が長距離走れるようになった+荷物の最適化で朝早くから動けるようになったってのがでかいんだろうなーと。

 

 

 

1日目

 

留萌から新篠津の道の駅まで。美唄でヤキトリ食べるのが目的だった。。坂らしい坂は留萌ー碧水間の峠くらいで残りほぼ平坦。美唄-新篠津はGermin eTrexで最短ルートのルート検索させたら砂利道突っ込むは田んぼの中案内されるはと結構さんざんな目に。

 

新篠津の道の駅はキャンプ場・温泉併設だけど、パークゴルフ場のベンチで寝た。。

 

2日目(日本海 to 太平洋)

 

今回の旅のメインディッシュ。新篠津から日本海側に抜けて、余市から伊達へ抜けるルート。

 

石狩市近辺から小樽のあたりまでブルべ(たぶんBRM0830 北海道300km 札幌新パノラマ)の人たちと並走。このあたりで自分もパンク(金属片踏んだ。。)したが、ブルべ参加者も3~4人パンクしていた。。このルート、小樽に港があるからかトラックが多いので路肩に金属片のようなトラップが多いのかなぁと。

 

余市からさきはアップダウンのあるルート。特に倶知安からさきは景色もよくとてもオススメなルート。伊達から室蘭は元地元なので、自転車で走りやすい迂回路を。国道をまっすぐ進むと白鳥台の坂を上らないといけないので、自転車で走る人はこっちのルートオススメ。

 

3日目

 

室蘭から苫小牧。室蘭まで来てしまうと、千歳まで約100km。1日でついてしまう。。また飛行機は夜なので、あんまり進みすぎると時間が余るので、ゆっくり出発。途中白老でイベントみたり、苫小牧で遊んだり。

 

そういや今回も虎杖浜温泉はいらんかった。。この辺当然一番有名な温泉は登別温泉だけど、虎杖浜温泉は海のそばで国道36号沿いなので自転車でも行きやすく、料金も安いのです。。オススメはほくよう。露天ぶろまで裸でそこそこの距離歩く必要がありますが。

 

4日目

 

最終日。時間があるので支笏湖登ってきた。。ここ20km上り続けるルート。苫小牧側、千歳側どちらも自転車道が整備されてて走りやすい。ま、車道も交通量少ないので大差ないですが。。

 

千歳空港へも自転車で。ただ千歳側の入り口は立体交差で特に千歳方向からくると、自転車だと入りづらいです。

2014夏旅

さて、7月8月と大型案件が舞い込んできて、決まれば8月から大忙し、今年は北海道行くの無理かーと思ってたら案件自体は決まったものの動き出すのは9月からということでぎりぎり休み確保、金曜から3泊4日で北海道の予定。

 

パタパタしてる中で準備したんで、そんなに去年と荷物が変わっているわけではないけどもなんだかんだでまた荷物が減った模様。   
備忘録がてらさらしてみる。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            
自転車BIKE FRYDAY PocketRocket(6700,5600mix) 
フロントバッグREVELATE DESIGNS Pockets +          
EXPED WATERPROOF COMPRESSION BAG ULTRALIGHT (13L)
 
フレームバッグFAIRWEATHER frame bag +          
Blackburn BARRIER SMALL サドルバッグ
変更。         
容量増えた。
サドルバッグRevelate Designs Viscacha          
(もしかしたら別のにするかも)
入れる荷物がない。。
輪行袋輪行袋兼タープシルナイロン製変更。
テントヘリテイジ エマージェンシーソロシェルター +ポール 
寝袋finetrack ポリゴンシールド 1×1UL 変更。
マットKLYMIT イナーティア Xライト変更。
調理系器具なし。 
雨具mont-bell バーサライト ジャケット 
& パンツ 
&SealSkinz 防水ソックス
 
着替え1着分⁺アルファ泊数少ないので。。
タオル手ぬぐい x1(ただし頭に巻いている) 
携帯iPhone5s(Softbank) 
サイコンCATEYE VELO WIRELESS+ CC-VT210W変更。
GPSGarmin Etrex30         
(OpenStreetMAPベース自作日本語地図⁺自作カスタムPOI)
追加
バッテリーcheero Power Plus 2 10400mAh 
電子書籍リーダーkobo glo 
AC-USBアダプタ4ポートのやつ 
フロントライトUltraFire 502B XM-L U2+          
ラバー ライトマウントを分解したものを利用してフロントのキャリアダボに取り付け
 
リアライトトピーク ミニロケット iグロウ 
ヘッドライトDOPPELGANGER 2WAY LEDヘッドライト追加
工具パンク修理⁺アルファ用一式 
そのほかビタミン剤 
 粉洗剤 
 髭剃り 
 シャンプー 
 変え電池(単三x2、18650x1) 
 

 

 

書き出すといろいろ持ってくみたいだけど、まぁやっぱり野宿する荷物量ではないよね。調理系以外は全部入ってるし。

2014 GW 野宿ツーリング装備ロード版

2014年のゴールデンウィーク、カレンダーの日付が悪くしかも仕事が詰まってて有給取れないという何それ状態。。。というわけで前半戦は基本遠出はせず。後半戦に1泊二日の野宿ツーリングへ行ってきました。目的地は群馬。

 

ここんとこ継続してるダイエットの反動として桐生のはっちゃんショップなる500円バイキングへ行くこと、今年の野宿装備の運用確認が主な目的。   
しかし、はっちゃんショップは11日までお休みということでだめだったんですが。。

 

↓が今回の装備。野宿装備と雨具、輪行グッズ、工具類が入ってます。1泊2日なので自炊キットは持ってってません。着替えとかはリュックサックの中。   
IMG_1381[1]

 

フロントバッグはREVELATE DESINGSのPocket。このフロントポーチ部分にシェルターのポールとfinetrackのポリンゴンシールド、モンベルのバーサライトジャケットが入ってます。ハーネス部分には何もはさんでなのでまだ荷物を積むことは可能。

 

リアのバッグはオルトリーブのサドルバッグ。確かSサイズ。ここにはマット、シェルター、タープ兼輪行袋、輪行用ストラップ、エンド金具を収納。   
BB下につけたツール缶には工具、箸、スプーン、ペグ、張り綱、マルチツールあたりが入ってます。トップチューブはプロファイルデザインのAERO E-PACK。ここに鍵とクリートカバー、補給食。

 

パッと見キャンプツーリングしてるようには見えないですね。。これは。普通の日帰りツーリングとかでもこれくらい荷物ある人いますから。。

 

で、今回の一番の目的がタープ兼用輪行袋をタープとして使ってみること、ポリゴンシールドの使いごごちです。

 

某所河川敷でタープ+シェルターで設営してみたのがこれ。

 

IMG_1385[1]

 

うん。タープとしては普通に使える。結構風があったにも関わらずそんなに不安感なかったし。ただ張り綱が足らなかった。。センターポール用とは別にもう2本用意しとく必要がある。あとペグも。   
風があったのもあるけど結露もなし。雨は降らなかったので防水性もよくわからない。ただここ橋の下のなので関係ないですが。

 

ポリゴンシールドのほうはまぁ小さくてつくりもよいのですが、何分5月頭では少し寒い。。というか風邪ひいた。   
ポリゴンシールドの対応温度は13度~で、明け方の気温がそれくらい。服装がどっちかというと夏用ウェア+アームカバー⁺レッグカバー+ジャケットだったので服のほうの防寒性が0に近いていうのも理由かもしれない。    
とはいえ、夏ならこれ単体でも十分かと。ポリンゴンシールドだと外側が防水加工されてるしバグネットついてるしで単体での野宿も可能なので。寒い季節はほかのもの使うかレイヤリングを考えたほうがいい。

   

あと今回投入のAERO E-PACK、ダンシングしてもあまり気にならない。膝にすることはするんですがその気になり具合が我慢できるれべる。それでいて容量はあるので結構オススメ。   

 

さて、次はポケットロケットでのフル装備版を試してみるか

初詣

2014年の初詣は地元の糸崎神社と、出雲大社へ。

糸崎神社は毎年酔心の甘酒配ってるんで、それ目当てで午前一時すぎくらいに自転車で出発。

糸崎神社は三原-尾道の間の2号線沿いにあるので、日中はあんまとおりたくない道ですが、三原の駅前からうまく裏道を使うと2号線を走らずに行けたりします。

20分ぐらいで到着。ここはまぁそれなりに歴史がある神社なのでこの時間でもソコソコ初詣客がおりますよ。。

2014-01-0101.45.01

お参りして、甘酒(アルコール分なしです。。)いただいて帰ります。ほんとは初日の出見に筆景山登ろうかとも考えてましたが、眠いのと暗い山道を上るのに自動車と鉢合わせする問題有りそうなのでやめました。。

 

出雲大社へは両親が今年60、かつ定年ということで玉造温泉へ泊まりに行ったついでに。ここに初詣に来たのはたぶん20年くらい前かも。
そん時は駐車場に閉じ込められたような記憶が。。。

さすがにこっちは車でいどうです。

2014-01-0310.13.54

今年は出雲大社も遷宮が終わった後ということもあり、結構な人手。まぁそれでも川崎大師とか見たいな大御所には及びませんが。。というか川崎大師、三が日すぎた1/12でも境内に行列が収まらないってどういうことよ。
ここは縁結びの神様なんで縁結びのお守りと、おみくじを。

おみくじのほう、なかなかよい内容だったんですが方角が少し気になる。北、東、南は良しですが西は特に何もない。今やってる仕事は九州が多く、西側なんですよね。。
案の定?年明けて最初の出張でコートとiPodなくすわ、ズボンのケツが裂けるはひどい目にあいました。。これはあまりよくないのかもしれない。

輪行袋

輪行袋を買い換えた(追加した?)。
これまで使ってたのはモンベルのコンパクトリンコウバッグ、コンパクトリンコウバッグ クイックキャリーの2つ。

どちらも軽くコンパクトになるので愛用していたのだけど、もう5~6年は使ってるのでところどころ破けたり。
また、去年の暮れからMadFiber使い始めたのでこういう「ホイールをフレームに括りつける」形式の輪行袋だとホイールが破損しないかとっても不安。
(MadFIber、横ぺなぺななもんで。。)

なんで、もっといいのないかなーと探して見つけたのがPandaniの輪行袋。
重さ121g。
モンベルのコンパクトリンコウバッグの方で290g、クイックキャリーで305gなので、ぶっちぎりで軽い!
(とは言ってもストラップとかはないので、その分差し引いて見る必要はありますが。)
その上、別途ホイールカバーまで付属していて一つの荷物にするのではなく別々に持つという仕組み。
これならMadFiberでもあんま神経質にならずに済むかなぁとポチってみた。

配送の時に一悶着あったけど、無事に到着。早速計量してみた。
Img_0002
実測でも121gです!結構すごい。。

という訳で体育の日3連休、早速使ってみました。
Img_0704
こんな感じ。

  • ストラップでホイールを固定しなくて良い
  • ホイールが袋の中で動かないので持ち運びやすい
  • コンパクトリンコウバッグみたいに、巾着を閉じなくて良い(その後処理も必要ない)
  • 後輪はずさないのもあって、とっても輪行形態にするのが早い!
  • たたむとき、綺麗にたたむ必要がなく袋に押しこめばイイ

と結構おすすめ。モンベルのクイックキャリーの方はもういらんかなぁ。。
欠点はやっぱり後輪はずさないタイプの袋なので、でかいこと。
後輪外しても入れられそうだけど、それだとこの袋の利点が減ってしまうかも。
後輪外すタイプの袋も作ってくれませんかね、Pandaniさん。。
ちなみにコンパクトリンコウバッグのショルダーストラップを流用してます。さすがにフレーム手づかみは持ち運ぶの大変なので。

そういや、輪行中に2人あとから輪行の人が乗ってきたのだけど、片方がこんな感じのパッキング。
Img_0705
いや、フォーク飛び出してるのはまずいでしょう。。規則にも触れてますし。
そこそこ経験ありそうな人ぽかったのだけど、これじゃぁねぇ。。
その上ヘルメットとか、リュックサック(右下のね。)、席確保しても通路のど真ん中に置きっぱという。団塊世代の人間の考えることはよくわかりません。。

まぁ後輪はずさないタイプの袋使ってる自分があんま人のことは言えないんだけど、それでもこっちは後輪下にした縦置きにして専有面積最小限にしてますよ。
またこういう「後輪はずさない」タイプの輪行袋を批判的に言う人がいますが、「まともに入れられない」袋を使うよりマシな気も。
袋に入れるのはまず基本的に他者に危害を与えないためにあるはずですから、入れられないなら超速ファイブなりのきちんと袋に入れられる袋を使うべきだと思いますです。



北海道自転車ツーリング5日目、6日目(最終日)

少し更新に時間が空きました。
今やってる仕事の締め切りが来週なので。。。

北海道旅行の記事も今日で最後です。

5日目
自転車の旅行で初めてホテル泊まりましたが、やっぱり布団で眠れるのは良いですね。。
疲れが取れます。
ビジネスホテルなら意外と安いので、今後はもっと使うようにしよう。

今日は、特に急ぐ用事もないので、8時過ぎにホテルをチェックアウト。
出発しますが、昨日痛めた足が痛いです。。
歩くのより、自転車こぐほうが痛い。
もともと今日は函館観光したあと、JRで千歳へ向かうくらいでそんなに自転車移動を考えていなかったのだけど、ちょっと自転車で距離乗るのは難しそう。。。
なので、特急の時間とか考えてサクッと観光したあとさっさと千歳へ向かうことにする。

まずは昨日雨で五稜郭タワーにしか行かなった五稜郭へ。
Img_0532
Img_0531
あんまり「城」ッて感じはしないし、規模も思ったほどじゃないなぁという印象。
ちなみにこの時点では小雨でした。天気予報も昨日ほどひどく雨ふらなさそう。

自転車で五稜郭の中を一周したら、もう使わない予定の野宿道具を送り返すためにまず五稜郭駅前のスーパーへ。
スーパーはだいたいダンボール箱がおいてあるし、ガムテープもあるので荷物づくりには便利なのです。。

ここへ行く途中に跨線橋を越える必要があったのだけど、足が痛いーーーー。
だましだまし移動します。
ついたらどうも朝市とかで、いろいろ安く売っている。。
さすがに生物は無理なので、きびだんごとか自分のおみやげも一緒に入れる。
その後コンビニへ移動。
受取のことを考えて、クロネコヤマト扱っているセブン-イレブンへ。
クロネコヤマトだと、受け取れない場合コンビニで受け取れるので平日仕事をしている一人暮らしの自分のような人間には便利なのです!

問題は移動中。
もともと「ダンボール箱」を詰めるようなキャリアがないので、ちょっと無理な体制で運びます。。
そしたらサイコンの走行距離がリセットされてしまった(泣)
これ毎回やってる失敗なのですが、全く教訓になっていない。。

ま、やっちゃったことは仕方ないので(そんなに)気にせず、荷物を送付。
もともと荷物切り詰めているので、精々2~3Kgくらいしか軽くなってないのだけど、それでもやっぱり自転車が軽快。
軽量化は重要です。。

その後は、朝飯を食べにはこだて自由市場に。
とおもったらしまってました。日曜日は休みなのか。。昨日食べておけばよかった。
仕方ないので、駅前の朝市へ。
適当なお店で刺し身定食とホッケ。
Img_0535
期待したよりおいしかった!
特にホッケとホタテ。
ホッケは本州だと食べる気にあんまならないんだけど、北海道のはやっぱり美味しい。
何が違うんだろうか?

このあと函館駅で特急の指定席を確認。。グリーン車以外全部埋まってる。今日日曜だもんな。。
特急から発火した影響で本数減ってるのも影響しているっぽい。
仕方ないので、自由席で12時過ぎの便に乗ることにする。
もう少し時間があるので、函館山とかそっち方向へ。

Img_0537
ロープウェー乗り場の入り口まで登ってきたけど、急だけど距離ないので普通なら登りきれるところを足痛くて1/3くらいで足をついてしまった。。
やっぱり今日はダメね、、ということで十字街のラッキーピエロでお昼ごはん調達。

函館駅へ戻って11時過ぎ。
特急まではまだ時間あるものの、自由席&輪行なこともあるので席と自転車を置く場所を確保スべくさっさとホームへ移動。
荷物少ない&折りたたみなので輪行は楽です。

ちょうど青森からの白鳥が入線してきたところで、そこから自分が乗る予定の北斗へ乗り継ぐ人が結構いる。。
Img_0539
いやー危なかった。。もう少し後だったら自転車置く場所確保できなかったかもしれない。
そこから30分待って特急乗車。
最後尾に自転車置き場と席を確保し読書体制。ここで持ってきたKobo大活躍。
今回思ったほど地図を見なかった(道南地域は比較的土地勘がある)ので、日の目を見た感じ。

途中ラッキーピエロでテイクアウトした人気No1のチャイニーズチキンバーガーと、シンプルなハンバーガーをいただく。
Img_0547
Img_0543
チャイニーズチキンバーガーは、少し食べにくい。。
あとテイクアウトで時間立っていたこともあるのか、そこまで美味しいとは思わなかった。
ハンバーガーは文句なしの美味しさ。自分としてはこっち系統のが好きだ。

前日のポテト系が結構お腹に重かったので、バーガー2つにしてみたけど、やっぱりこっちもボリュームある。
マ○ドナルドとかと一緒ににしちゃいけませんね。

そういや、前日は洞爺湖近辺でトライアスロンがあったらしく、洞爺で何人か参加した人っぽい人が乗ってきた。
昨日、自分がひどい目にあったように道南は天気悪かったんだけど大丈夫だったんだろうかとか思ってたら、前に乗った2人が大声で通路越しに話し続けてうるさかった。。
また南千歳で特急から降りるとき、通路側に座ってる奴が通してくださいとお願いしてもどける素振りがないし、テーブル片付けもしない。。
どんだけお前常識ないんだよと。。。。無理やり通ったけど。

千歳に着いたら晴れてて、明日も期待できそうとこの時は思ってました。
この後の予定は毎度の最終日前日、最終日日程通り 
 千歳インターの近くのスーパー銭湯
 → どっかで飯
 → 千歳駅近くのネットカフェで宿泊
 →自走で千歳空港
の予定。

駅前のサティでおやつ(モリモトのプチパン)を調達し、この時期千歳のお祭りだよなーと思いつつ千歳神社の前を通りかかったら、案の定お祭をやっていたので突入!
Img_0549

このお祭り、毎年この時期に千歳にいるので前を通りがかることは何回かあったのだけど、今回はじめて行ってみたら想像より規模が大きい。。
見世物小屋まであるの。

なんで、見物しつつウマそなもんあったら食うかと思いつつ結構奥まで行ったけど、
昼食べたのが残ってるのもありなんか食べる気にならんかった。。
いや、もともとこういうとこであんま物買わないのもあるけど。

その後はインターのスーパー銭湯へ。
そういやここも来るときは坊主頭の高校球児っぽい奴らがたいてい入浴しているな。。
お風呂入って、のんびりしてたら8時過ぎ。
そろそろお腹が空いてきたので、北海道きて1食も食べていなかったラーメンを食べることに。
この時間個人店舗の店は大体店じまいに近い時間帯なので、北海道に多い山岡家へ。
フツーに味噌ラーメンを食す。
Img_0551

食べたらちょうどよい時間なのでネットカフェへ移動して今日の行動は終わり。
移動距離たぶん40kmくらい。(リセットされたのでわからない。。)

6日目
今日はもう千歳空港へ移動して、飛行機乗って帰るだけです。
飛行機は14:00予定。
少し時間があるけど千歳空港は日本の空港の中でも一番楽しい空港だと思ってるので全く問題ない。

と、ネットカフェから出てきたら雨降ってるわけです。。
もともと自走のつもりだったのだけど足痛いのと雨とで電車で行くことにこころが傾く。。

とはいえこの時点でまだ朝6時なので、さすがに空港行くのは速すぎる。。
あと、モリモトのプチパンバイキングを今日の昼飯/晩飯ように調達しに行きたい。
千歳にある本店の開店時刻は8:00なので時間をつぶす必要がある。

仕方ないので、道の駅サーモンパーク千歳へ。
ここで自転車乗りに声をかけられる。道の駅で野宿をしていたらしい。
珍しいことに小径車(KHS F-20)にチャリだー。
何年も北海道走ってるけど小径車のチャリダーは自分以外に始めてみた。

話もそこそこに、時間は潰せたので千歳駅まで戻ってモリモトでパンを調達。
この頃になると雨も上がったので、空港まで自転車で移動することにする。

千歳空港は羽田に比べると自転車で行きやすい空港だけど、千歳側からは少し行きづらい。
「道交法通り」に行くなら、南千歳駅を通りすぎて結構先にある信号のところでUターンし反対車線からアプローチする必要がある。
他の方法は
・南千歳駅の歩道橋をわたって逆側へ渡り、歩道を移動
・千歳市街の出口のところから逆側の歩道を移動
くらいしかない。

空港についたら輪行状態にしてさっさと自転車を預ける。
自転車持ったまま、空港歩きまわるのはしんどいからね。

千歳空港での不満点は、自転車のチェックが厳しいこと。
羽田だと重さ測って終わりなんだけど、千歳だと預ける前に荷物をスキャンする器械にかけないといけない。
これがポケロケといえども通らないので、目視で確認してもらう必要がある=ほぼ輪行解除するのに近いてまがかかる。。
(自分が横着して前輪をはずさないのもあるけど。。)

千歳空港ではおみやげ見繕うふりしつつ試食食べ歩き。
ミュージアムとかも面白いです。
お金ある人は温泉とかもどうぞ。

まぁここはあんま特筆することないです。
飛行機の待合室で、なんかアンケートの依頼受けたり(絵葉書もらった)、
LCCの待合と一緒で、もう発時刻過ぎてんだけどまだ載せてんのかとか、成田行きだからかLCCだからか外国人多いなぁとか。

帰りの飛行機ではほぼ熟睡。
羽田からは天空橋まで移動してそこから自走。
やっぱり本州は暑い。。北海道の気温に慣れたあとは辛いです。

自宅についたら、翌日の出張(佐賀です。。朝5時起き)の準備してバタンキュー。
やっぱり疲れたみたいです。

走行距離:30Kmくらい

全体の走行距離:600km弱

北海道自転車ツーリング4日目

北海道4日目。
Img_0491
こんなかんじで野宿してました。。
午後9時前に寝たので、朝5時に起きても十分睡眠が撮れてるみたい。

今日は函館までなので精々40kmくらい。
宿のチェックインは15:00。のんびり行こうと思いつつ、今日は天気悪くなりそうなので本格的に雨が降る前には函館つきたいと思いつつ出発。

途中、国道5号を外れて大沼小沼の中を通るために道を外れたら、少し失敗。
道がものすごく悪い。。MTBならともかく小径&23c幅のタイヤだと辛すぎる。
あまりの振動に、ボトルのキャップが勝手にとれて落ちたし。
Img_0497

大沼公園では、景色を期待してたのだけど天気は曇り。大沼公園は2回めだけど前回も天気悪かった。。また今度函館と合わせてリベンジだな。。
Img_0501

大沼公園から国道5号に戻るところで、地元のローディーと同じ方向に走る形に。。。
と思ったら函館新道の側道の上りでちぎられた。。さすがにフルカーボン+電動のロードバイクに、ポケロケ+荷物積載+疲労度高という状態だとかなわんか。。

で、しばらく側道を走ってたもののここを走っても面白く無い事に気づく。。
なので適当なところで曲がって本来の国道5号に合流。
函館市内に入った桔梗のあたりでハセガワストアを見つけたので朝飯代わりにやきとり弁当を。
Img_0503
ここの「やきとり」も豚だけど、室蘭と違ってタマネギではなくて普通の白ネギ。
美味しいけど、ネギはタマネギのほうが好きかもしれない。

ここでついに雨降りだした。。。
もう少し我慢して欲しかった。。
コンビニの軒下で雨具を装備して走りだす。
正直雨降ってるので、あまり周りを見回す余裕が無い。
で、ついに到着です。。
Img_0505
函館です。なんだかんだ言って人が多い。
今回の旅行で札幌駅についで人が多いかもしれない。

函館駅観光もそこそこに朝市へ。
人多い。。
このタイミングで生物買っても持って帰れないし、飯食べたばっかなので冷やかすだけ。
そうこうしているうちに雨が強くなってきたので、駅前のデパート?へ逃げ込む。
ここでしばらく雨宿り。地下の試食とかうまかった。。
ホントはこのあと、倉庫群とか函館山とか、教会とか見に行きたかったのだけど雨止みそうにないので明日に期待することにする。

たっぷり雨宿りしたあと、昼飯食べに行く。
「たつみ」さん。ごくごく普通の定食屋さん。大盛り系っぽい。
Img_0507
まぁ極普通のお店でした。北海道っぽいメニューも有ります。

今晩の宿は五稜郭のあたりにあるので、五稜郭へ移動します。
このくらいの時間になると、もう雨が止む気配もなく本降り状態。
もう五稜郭タワーでチェックイン時刻まで雨宿りすることにする。

Img_0508
こんなみたり、ゆるキャラに返信するとこ見たりしつつぼーっとする。
このあたりから左足が痛くて歩くのも辛くなる。。

ホテルのチェックインの時間が迫ってきてたので、ホテルへ。
1kmもないのだけど、それだけでビチャビチャになるくらい雨降ってる。。
ホント今日は宿とっておいてよかった。。。
宿にチェックインしたら、荷物を乾かしたり、整理したり。

晩ご飯は近くのラッキーピエロでテイクアウト。
Img_0529
ラッキーエッグバーガーとオニオンリング、ラキポテ。
うまいとは聞いていたけど、普通にうまい。ボリュームも十分。
マ○ドナルド、なにそれレベル。

その後は、雨上がってれば夜景を見に行くつもりだったのだけど、
全く上がらないどころか強くなってきたので、諦めてっさっさと就寝。
やっぱり布団で(ベッドだけど..)眠れるのはやっぱり良いね。。。

北海道自転車ツーリング3日目

続けて3日目。
ネットカフェを朝6時に退店し、出発します。。。 
というところで、ヘルメットと言うかカスクが見当たらない。。
安全のためにも、更に天気が悪いさいのバイザーとしても必要です。
カフェに忘れたかと思って確認してもないみたい。。
どーしようかというところで、昨日飲み屋から移動するときにカスクをかぶった記憶が無い。。。
ということで飲み屋まで移動するとありました。。良かった。
でも、昨晩はどうも大雨&大風だったようでびちゃびちゃ。
水吸って重くなってました。背に腹は代えられないのでそのままかぶって出発します。

今日の天気予報は曇り、ただし風が強いということで結構辛いかなぁーとおもってたら、基本追い風で調子よく進む。

だて歴史の杜で一度休憩を取り、有珠、洞爺、豊浦と進みます。
この辺りからチャリダーが増えてきた。。
特に函館方向へ向かう同じ向きのチャリダーを静狩峠までで3人くらい抜く。
で、その静狩峠、今回の一番の難関です。
とは言え精々300m程度なので大したことないのですが、それよりも3回登って3回降りるというなんかマゾい道。
豊浦の前の峠も入れると4回。
ここが静狩峠かーと思ってるともう一山あるという。。
一番長い礼文華トンネルでは片側交互通行の工事中で、自転車で専有してしまうという肩身の狭い思いをしつつ静狩峠を通過、長万部方面へ下ります。

静狩峠でもポツポツ着てた雨が、ここで本降りに。。
しばらく立ったら上がったのでまぁよかったけど、この辺りでチェーンからキュラキュラ音が。
一日中雨ということはなかったけど、毎日雨にふられた&前回の給油から走行距離が400km位になっているのでそろそろ限界っぽい。
長万部にホームセンターあるっぽいのでそこを目指す。

大体9時前位に長万部到着。
朝ごはん(と言っても室蘭でさっと食べてますが。)に調度よい時間なので、
長万部名物かにめしを。
Img_0469
うん。まぁよくある駅弁の味です。美味しかったけど。
その後ホームセンターへ向かうが、ちょうど良さげなオイルが置いてないっぽい。。
30km先の八雲にホーマックがあるっぽいのでそこまで行ってみることにする。

長万部を出発してしばらくしたところで、道路の段差の衝撃でサイコンのメーターがリセットされる。。。今日の走行距離が解んなくなってしまった。。
この辺り、国道のくせに結構道が悪い。。そんなに道幅も広くないので、後ろからトラックとか来ると逃げ場がない。きちんと整備しろよーと思いつつ進む。

八雲についたところでホーマックでオイルを調達、自転車整備しつつ大休憩。
この辺りでどこまで進むか考える。
時間的には函館まで行けそうだけど、距離的には結構辛い。
ね場所確保するのもめんどくさそうだし、、ということで函館は明後日入る&函館にホテルとることにし、今日は道の駅森あたりで野宿することにする。
森周辺には入浴施設が無さそうなので、八雲の温泉で入浴。
ここでは自分も含め4人のチャリダー集結。。
ここまでチャリダー密度高いのも初めてかも。この時期基本シーズン終わってるし。
Img_0473
ここで、ビン牛乳投入。この牛乳うまいです!やっぱり北海道の牛乳だね。
しばらくまったりして体を休めたあと、森まで移動します。
風呂入ったあとなので、できるだけ汗かかないようにのんびりと。

森についたら何はなくとも「いかめし」です。
Img_0481
超有名駅弁ですね。
といっても個人的にはそんなうまいもんでもないだろーと思ったんですが、、、
これうまいわ。
何が旨いとかうまく説明できないけど、駅弁大会で群がるおばさまたちの理由がわかった気がします。
今日はどうも駅弁ツアーだったぽい。

とわいえこれだけでは足らないので、スーパーで食料調達。
この時、ずっと雲かぶってた駒ケ岳が姿を表した!
Img_0483
北海道にはいろんな山があるけど、後方羊蹄山、利尻山と並んできれいな山だと思う。

道の駅からうまく見えないかなーと思って道の駅へ移動したけど気が邪魔してうまく見えない。
まぁそれはそれとして寝床を物色します
ここ、ある意味野宿のメッカらしく、車中泊の方から、
テント貼ってるライダーさん、大学のサークルっぽいチャリダーさん等が集まってきてます。。
自分の確保した場所には先客が。。
Img_0487
猫さんです。
体は触らせないが、逃げるようでもないのでそれなりに人に離れてる模様。
なので、スーパーで買った練り物で遊びつつ飯食ってたら、更にお客さん。
Img_0489
今度はキツネ。こいつも人に慣れてるのか、近くをウロウロします。
とは言え北海道のキツネはエキノコックスを持ってる可能性があるので、触っちゃいけません。なので追い払う。

その後就寝しようとしたのですが、今度は蚊が大量に襲い掛かってくる!
服でカバーされてない手とか顔を集中的に噛まれてかなわないので、寝る場所を移動しました。。。
その後は快適に睡眠をとることが出来ました。

走行距離:148.06Km

北海道自転車ツーリング2日目

という訳で2日目。
今日の目的は室蘭まで。
朝5時前に目を覚まして撤収します。

Img_0446

こんなトコで寝てました。。。
ちょっと場所としては良くなかったかもしれない。
人が増える前にさっさと立ち去ります。。

岩見沢からは室蘭本線沿いに苫小牧まで走ります。
走り始め、少し雨降っていたがしばらく経つと雨が上がった。
去年、一昨年と少し走ったことのある道でもあるし、時間も朝早いので特筆することもなく淡々と進む。
由仁のセイコーマートで休憩してた時に、おっちゃんから声かけられて昨日稚内で自転車旅行者がシカとぶつかって重体とのこと。。
いや、まぁシカいますからね北海道。気をつけていきましょう。クマのがもっと怖いですが。

苫小牧は朝9時ごろ到着。
朝飯がてらマルトマ食堂でホッキ飯を食す。ここから道南B級グルメツアーの様相を呈してきます。。
Img_0450
いやー2年ぶりくらいのホッキ飯。美味しいですよ。お勧めです。
腹ごしらえをしたら、今日の目的地室蘭目指して進みます。
この辺りからメールでお仕事の調整のネタが割り込みます。。。
白老とか、登別とか休憩中に仕事の処理しつつ旅行をするみたいな形に。

白老、登別は特筆することもなく進みます。ここは大学時代よく通ったとこなので、特に寄りたいというところもないし。
というか向かい風で25km/h維持できない。。。
ただ、虎杖浜温泉とかは時間あれば寄りたかったかも。
登別温泉より虎杖浜のほうが庶民的で好きなのです!!

幌別のあたりでどうも手がしびれる感じがしたので、100均で靴のインソールを買ってカットし、グローブに仕込んでみた。
結構快適。
今回ポケロケをアルテ6700仕様にしたこと、グローブがパット無しのものだったこともありどうも手のひらに負荷がかかってるらしい。。

幌別までくれば室蘭まですぐです。
12時過ぎに室蘭到着。室蘭関連のBlogで話題になってた、かつ自分が室蘭にいた頃にはなかった和さびという回転寿司店で昼食。
Img_0452
いや美味しかった。。
自分のイタころは「ちょいす」という寿司屋が定番だったけどこっちのが美味しいかもしれない。

その後は母校でもある室蘭工業大学へ。
対して変わってないなーと思いつつ、ここでメールでガッツリ仕事。。
その後は恩師と雑談。
今日は、ここで泊まる気だったので駅前の楽々温泉に使ったあと、
コインランドリーで洗濯し、やきとりを食しに。
一番有名なのは「一平」だけど今回は「鳥辰」へ。

Img_0454_2
Img_0456_2
Img_0460
真ん中が「やきとり」。世間一般では豚串と呼ばれるものですが、これが旨いのです。
室蘭で豚串食うのは多分3年ぶりくらい。。

その後はお酒も入ったので、ネットカフェまで歩いて移動。
ここが今夜の宿となるのですが、酔っ払って大事なものを落っことしていたのです。。。

走行距離 161.12km

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ